第2回「脇を伸ばしてリンパを流す!」

全身の皮膚に張り巡らされたリンパ管や、その中を流れるリンパ液、そしてそれを循環させるリンパ節。
リンパ液は身体を動かして筋肉を収縮させることで体中を駆け巡るので、
体を伸ばして、最後に軽くさすってあげるだけでも効果的です。


腋窩リンパ節(えきか)
わきの下にあるリンパ節で呼吸器系の病気いわゆる風邪などの症状の前に免疫機能が働く場所。
このリンパが滞ると四十肩、五十肩や腕のたるみや肩痛になり易い。
もちろん、デコルテを美しく作り上げて維持させる為にも
わきの下の老廃物は流しておくことが大切!


さあ、スタートです!

①床、椅子に座った状態、立っている状態でも行えます。
両腕をあげて右の肘を曲げ(右手のひらは首の後ろ)肘を左手でキャッチし左に少し引きます。
曲げた腕は頭の後ろ側で、後頭部で腕を後ろに押してあげるようにしましょう。
(呼吸は止めないように)





②そのままの状態で気持ちよく伸びているのを感じたら、
息を吐きながらゆっくり顔を右側に向けていきます(右耳を腕につけるように)





脇や肩周りが気持ちよく伸びてるぞ〜という感覚を意識しましょう。


③左も同様の動きを行います。

④脇の下や周辺を軽くさすってみたり、優しい力で揉んであげましょう。

⑤四つん這いになります。




右手を前に出し(左手のひらの位置に右の脇の下がくるくらい)
息を吐きながらゆっくりと右の脇の下を床に近づけます。
この時、頭は床か右腕の上に預けるようにして呼吸は止めないようにリラックス!

脇から体側にかけてぐぐぐっ〜と伸びているのを意識しましょう。





⑥左も同様の動きを行います。

⑦もう1度、脇の下や周辺を軽くさすってみたり、優しい力で揉んであげましょう。

第1回の肩甲骨編と一緒に行うとより効果的です!
「伸ばす」気持ちよさを感じてもらえたでしょうか?


毎日、気がついた時に行って下さい。
継続は力なり!

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 「夏バテしない軸作り」
「夏バテしない軸作り」
「夏バテしない軸作り」
「暑さに負けないから体幹作り」