「超高速!参勤交代」

映画が気になっていたのですが

まずは本で

「超高速!参勤交代」

映画は最近はこの続編のリターンズが公開されていましたね。
みたーい
最初からDVDみないと。


さて

小説、かなり、面白かったですよ。
映画になった様子が目に浮かぶようです。

今の福島県いわき市、小名浜のあたりにあった 湯長谷藩、その4代目藩主、内藤政あつ(まさあつ、漢字が変換されない・・・)が主人公。

お金も
人も
時間も

全てが足りない中、
江戸から帰ってきたばかりなのに
またも参勤交代せよとの命令。
背けば藩はお取り潰し。

無理難題が積み重なる中

知恵と勇気と、
そして日頃からの心のつながり、
かつて助けた人からの恩など、
ギリギリのところで難題をすり抜け
江戸に向かいます。

藩主のまっすぐな気持ち、
曲がった事をせず、深い懐、

読んでいてとても清々しく
気持ちがいいです。
かっこいい。こんなリーダーなら、苦境の時でもなんとか力を合わせて付いて行こう!って気持ちにさせられます。


久々の一気読みでした。
リターンズも買っておけばよかったー。すぐ読みたーい!











そんなわけで

2016年の66冊目
11月の3冊目でした。




#読書
#超高速!参勤交代
#講談社
#土橋章宏
#映画
#小説

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 くもり
新着 『ハリネズミ乙女、はじめての恋』📖
新着 ぼだっこ?!
新着 📙『江の島ねこもり食堂』🐾🐱