絵本が気になる『月夜のしっぽ』

最近、絵本が気になるんです。

『月夜のしっぽ なりそこねた詩人の物語』(架空社)
文は長谷川敬さん、絵は林恭三さん。

まず
なによりも絵にすごく引きつけられました。

油絵で描かれたキャンバスに
紙粘土のようなもので作られた登場人物たちが
踊っている絵。

この油絵っぽさと紙粘土で出来たお人形たちのような
組み合わせ、バランスの雰囲気に
すごく魅力を感じたんです。

正しくは絵本ではないですね。
前ページが絵で繋がっているわけではなくて
絵は刺し絵のようなペースで入っているので。

でもこの本をみて
絵本って思ってしまったんです。
それはすごく絵の印象が強かったからかもしれません。

もちろん文の方、物語も魅力的でしたよ。

これは1人の年取ったおじさんが
若いころを振り返る物語。

この本は
常識とか理論とか
大人になってからぐるぐる頭を締め付けちゃうようなことを
一度頭からすっぽり外して
子供の心に戻してくれる
素敵な作品です。

「風はどこから吹いてくるのだろう。
 最初の風邪は、いったいどこから出発するものなのだろう。」

おじさんがずっと思っていたことです。

もちろん理論的には
地形や気候、上空の状態や地球の自転やら何やらで
風が吹くシステムは説明がついてしまうのだろうけれど。

そういうことではなくて、

ただ単純に、

この風はどこから来てどこへ行くのだろう
と、
ふんわりと気持ちよく風に吹かれながら思う時の気持ち。
忘れたくない素敵な気持ちです。

星を見て、
「星って何だろう。手にとってみたいものだ。
 金平糖のようなものかな。
 銀の金平糖かもしれないな。」
と言うおじさん。

夢が広がりますね。
理屈も科学も全部とっぱらって
キラキラの星が夜空に散りばめられた銀の金平糖だと想像してみること。

パラパラと流れ星になって降ってきたらいいのに。
甘くてしゅわっとして
口の中で溶けちゃう銀の金平糖。

最後の物語は素敵な愛のお話。
おじさんは大抵、傘をさして出かけている絵で表現されていますが
「愛することは、傘になることなんだ。
 愛する人が雨に濡れないように、
 暖かく包みこむことなんだ。」
と言います。

素敵な言葉です。

雨の日に
駅の前で
傘を2本持って待っている人を見ると
ほわっと温かい気持ちになります。

大切な人、家族が
突然の雨で家までの少しの距離でも
濡れてしまわないように。

温かい気持ちも一緒に
傘の中に入って家に帰るんだな
って思います。


心がほわっとする本に出会えた日。
とっても幸せな気持ち。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメントのお返事です。

アイドルヲタさんへ
いつもありがとうございます。
不快な思いだなんてことはぜーんぜんないですよ!
モデルさんっていうのは、
特別に、特定なお仕事しかしないモデルさんを除けば
いろんなお洋服を着たり
いとんな髪形をしたりしなければならないので、
多種多様に変化しなければならないんですよね。
そこがタレントさんとの違いだと、レッスンでは習いました。
私もかなり長い期間、1種類のお仕事だけをする時期で
ネイルが自由って時には
サロンでジェルネイルをやってもらったこともありましたよ~
あとはヘアメイクさんがネイルチップを作ってきてくれて
1日だけの付け爪で派手ネイルを演出していただいたこともあります。
写真っていいですよね~確かに、良し悪しなんて、ないっていうの
わかります。
好きか嫌いかは観た人によって違ってくるだろうけれど
それもいろんな写真を撮る人がいて
いろんな見る人がいるから出てくるものなんですよね、きっと。
真っ暗になった東京タワーをみて、
いろんなライトアップも消されていて、
なんだか深夜の街並みみたいって感じたことがありました。
半分も節電できているんですね。
みんなが元気になるように、タワーから元気を発信してくれているような気がします。



久賀島静雅さんへ
いつもありがとうございます。
古本屋さんでの偶然の出会いだったんですが、
さっき更にびっくりしました。
なんと石川さんの写真展が東京で
この本を買った日からスタートしてたんです。
あらあ、ほんと、すごい偶然すぎ。
月がどんどん離れているなんて
ちょっと心細いような寂しいような気もしますが
そう考えると
地球や月も同じようにみえても日々変化しているんだなあ
なんて思います。


ひろゆきさんへ
いつもありがとうございます。
そうなんですよね。
しかも大昔にはオーロラも都から見えたかもしれない
っていう文献も見つかっているみたいなんです。
今じゃとっても寒いエリアまで行かなければなかなか見られないオーロラが
日本の都から見えていたなんて。
びっくりですよね。
今はいろんな光が夜あふれているけれど
夜は夜の素敵な光が昔からずっと
地球を照らしてくれているんですね。


runphorinxさんへ
いつもありがとうございます。
私も携帯についている万歩計を活躍させてますよ。
1万5千歩を越えると、たしかに、
歩いたぞーって感じになりますよね。
二万歩はお休みの日とか、
時間に余裕がある時に
歩くぞーって気合いがある時ですね。
やっぱり楽な感じじゃないんで。
普段は忙しい時でも一万歩は歩くようにしています。
まさに同じタイトルの『月光浴』が曲になっているんですね。
今度さがしてみます!
ありがとうございます。


Rikiさんへ
いつもありがとうございます。
月の光にだけ焦点をあてた写真集っていうのは
初めてみて、すごく素敵~ってみとれちゃいました。
調べていたら同じ石川賢治さんの写真集で
『京都月光浴』っていうのもあるようです。
こちらも気になります。
銀閣寺と月っていうのも、きっと素敵なんでしょうね。
京都の名所は修学旅行で行ったきりなので、
いつかまたゆっくり行きたいなって思っています。


かとり犬よういちさんへ
いつもありがとうございます。
月って不思議な魅力がありますよね。
そうえいば、小さい頃に読んだ本で
空にかかった月を
少しずつ切り分けて使っていく村の話がありました。
すごく好きだったんだけれど
どんなタイトルだったのか、具体的な内容も
もう思い出せないです。
偶然探し出せないかしら。
昔から、やっぱり、月って手が届きそうって思ってたのかもしれないですね。
月といえば
『レ・コスミコルケ』という本をレッスンの先生に紹介していただいて読んだんですが、
素敵でした。月に飛び移って地球と往復する内容なんですけど、
すごく情景の絵が心の中に広がるような素敵な作品です。
私は月の光が雲に反射しているところも好きです。


伝説のくまさんへ
いつもありがとうございます。
うちの母はいま頑張ってパソコンの勉強をしていますよ。
お仕事で使うことがあるとかで。
まだタイピングは遅いのですが、ゆっくりでも着実に
頑張っているようでした。
新しいことは好きなタイプみたいなので、
今日はこれができるようになったと、嬉しそうにしています。
父がもし今いたら、ブログ読んでくれたかなあなんて想像しました。
自分でも書きたい!って言いだしてたかも(笑)
すごく忙しい時期でも
ブログを始められた時の気持ちとか忘れたくないです。
環境などにより更新できないことはあるかもしれませんが、
できるかぎり、発信していけたらいいなって思っています。


寺崎英さんへ
こんにちは、マイアミーありがとうございます。
月の光に照らされながら、だなんて素敵~
月もいろんな形があって
満月以外も好きです。
この写真集、私も今回初めて知ったのですが、
他にもいろんな場所で月の光をテーマにして作られた写真集を
石川さんは発表されているそうです。
偶然にも今月、この写真集を買った日から
東京でも写真展があるとのこと!
偶然の重なりにびっくりしました。


コビーさんへ
いつもありがとうございます。
見上げたらそこに月があるっていうのは
本当は以前からずーっとあったことなのに
気がつかなかった日が多かっただけなんですよね。
人間の意識って不思議です。
お肌はやっぱり気を付けています。
ここ半年くらいは漢方薬局に通ってみていて
身体の中からお肌がつるぴかになるように
体質改善にとりくんでいます。
もともと冷え症で、血が足りないタイプだったみたいで
身体のめぐりがよくなるように、
じわじわとですが頑張ってます。
もちろん食事にも注意していますね。
お肌によさそうなものや、レシピ本を読んで
自炊で研究しながら楽しんで食事しています。

コメント

絵本、私も好きですよ。

たまに、図書館で難しい本を読み過ぎて(笑)、頭が疲れ
た時に、クールダウンに、絵の素敵な本をめくってみたり
しています。

また、お時間のある時におすすめなのは、私の故郷には
絵本の博物館があるのですよ。
(ご興味があれば、私のプロフをヒントに、お調べ下さい。
まりさんには、特におすすめスポットです)

それでは、このへんで。

まるみる 2011年05月15日

 好奇心は大切だと思います。(._.)オジギ

2011年05月15日

いつも物凄く丁寧にコメントの返事を書いて頂き
誠にありがとうございます▽

林恭三さんポストカードのイラストとかも描いてますが
半立体のクレイイラストレーション有名ですね▽
クレイのみの画集ありますね。

イイですね▽
そういった哲学とファンタジーの狭間みたいなものって好きです▽
結果結論よりは不思議に思う事のみが重要的なwww

かとり犬よういち 2011年05月15日

いつも物凄く丁寧にコメントの返事を書いて頂き
誠にありがとうございます▽

林恭三さんポストカードのイラストとかも描いてますが
半立体のクレイイラストレーション有名ですね▽
クレイのみの画集ありますね。

イイですね▽
そういった哲学とファンタジーの狭間みたいなものって好きです▽
結果結論よりは不思議に思う事のみが重要的なwww

かとり犬よういち 2011年05月15日

絵本っていいよねぇぇぇ~~~がまん顔揺れるハートぴかぴか(新しい)


優し~~い絵と~、柔らか~~い文章で~、本を開いたお子ちゃまが~、アハハって笑うんじゃなくて~、最後までずっと目をキラキラぴかぴか(新しい)させながら微笑んでいるような絵本を描けたらいいな~って思う~ほっとした顔クローバー


生活してると俺的に不必要なものが目や耳から入ってきて、頭の中が汚くなるもうやだ~(悲しい顔)

つまらないルールや吐き気がするようなことをする人達。

ああ~~いらない、いらない。


目をキラキラぴかぴか(新しい)させて絵本を見ていたお子ちゃまが、その目のまま大人になればいいのにな~ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


絵本は防波堤だ。

コメントありがとうございます目がハート揺れるハート
元気フルパワーで
頑張ってきます猫るんるん

2011年05月15日

コメントありがとうございます目がハート揺れるハート
元気フルパワーで
頑張ってきます猫るんるん

2011年05月15日

絵本…最近読みませんね~でも何も考えずに読めて、童心に還れる素晴らしいアイテムですね♪

アイドルヲタ 2011年05月15日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 「神戸港コレクション〜よみがえった戦後風景」展@神戸ゆかりの美術館
新着 茶こし新調の巻 New tea strainer!
新着 キラリトギンザガールズパーティー2017🎉KiraritoGinza Girl's Party2017
新着 オスカービューティーキャンプ@キラリトギンザガールズパーティー2017