降参です

とあるお寿司屋さんに行ったのです。
世にも美味しいお寿司屋さんで
テイクアウトのデリが出来たら通っちゃうだろうと思うくらい、
大好きな味になりました。

そのお寿司屋さんは
なんと全て野菜でお寿司を作ってくれるというお店なのです。

すごいでしょう。

でもちゃんと
マグロみたいに見えたり
ウニみたいに見えるし舌触りまでもが…
というものがズラリ並ぶんです。

あれはもはや、芸術作品の域かと思います。

以前、似たようなことがありました。
和食コースを全て野菜で作り上げたシェフがいて。

なにかの枠の中で
腕をふるう料理人。

作った人の知恵と技の芸術が
ひしひしと料理から伝わってきて
そういう心というか、
どうだ!みたいな気合いのようなものを食べるっていうのも
すごく楽しかったりするのです。

さて
お寿司の話。

私、お寿司の中で
最近のお気に入りは

かんぴょう

なのです。

寿司屋で、好きなものどうぞと言われて
かんぴょう、なんて言ったら
いかがなものかと思いますが、
それでもやっぱり自分に正直にいようとすると
かんぴょうです。
かんぴょう巻、大好き。

先日の野菜のお寿司屋さんでも
かんぴょうは活躍していました。

まさかかんぴょうが登場するとは思っていなかったので、
数多の寿司ネタを差し置いてかんぴょうを挙げる私としては
なんだか、かんぴょう贔屓に同意してもらったような
勝手な妄想が膨らんで
「おお!かんぴょう」
と一層テンションが高まったのでした。

相変わらず最近も納豆巻も好きなままなので
納豆巻と、かんぴょう巻があれば
大満足してしまう今日この頃の私。
お財布の中にたんまりお金が入っていたとしても、
納豆&かんぴょう。
好きなものは好きなんですよ。

そのお寿司屋さんで衝撃を受けたものは
数えきれないほどなのですが、
あえてもう1つ書くならば
寿司のしゃりが白米じゃないのもあった
ということ。

普段から玄米を食べている私。
以前、お寿司って玄米じゃ作れないのかなあ
と漠然と考えていたんです。
でも、きっと、ぽろぽろになったりして
しゃりとして成立しないんだろうなって想像していました。

ですが、できたんですねえ。
黒米のしゃりを食べた時には
びっくりしましたよ。
しかも、美味しいし。

いやあ、感動。

料理人に不可能はない!

と叩き付けられたような気分で
食後の幸福感が倍増したのでした。

どうも

参りましたのです。

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 確認中✌🏻✨ I'll check my script!
新着 キラリトギンザ ガールズパーティー2017
新着 道後
新着 SO BOOKS生き字引に会いに He is speciali st for photobooks all of the world!