横浜トリエンナーレの川久保ジョイさん

現代アートの祭典

横浜トリエンナーレは

気になるアーティストと
撮影可能な場所がたくさんあったので

まとめようまとめようと
頭の中をむにむにしていたのですが
諦めて
小出しにアーティストごとに書こうと思います。


さて



では




川久保ジョイさんの作品










《テラ・アウストラリスのためのスライス》

2017年、今年の作品です。
かなり大きくて、色の淡さもとても美しい作品。
地図のパーツのように見えますが、よくみると
地名かのように書かれているいろんな文字の中には


1:1の地図

三百万年の孤独

など、これまでの川久保ジョイさんの作品タイトルが見られます。



そして内側に反った三日月のような形は中央に水平線があり、上半分には星座が、下半分には地上と海のような絵が描かれています。


川久保ジョイさんの作品は初めて観ましたが、今回の展示では「自身の個人史とも重ね合わせながら、土地の意味や役割を問い直す。」と言います。
壁には

《アトラスの壁》
これも2017年の作品。
研磨された壁をアートとしてしあげたもの。


淡い色彩なのに、なんなんだこの圧倒的な存在感。

















カッコいい!




今後の作品にも注目です👍✨




横浜トリエンナーレは
アート鑑賞
2017年の66件目
10月の12件目
でした。
結構前後しちゃいましたー。


#川久保ジョイ さん
#横浜トリエンナーレ
#ヨコトリ
#現代アート
#みなとみらい

コメント

細かいところに作者のこだわりが現れていますね。。。

ま-みる 2017年11月03日

素敵な展示ですね☺
世界観が広がります。

Kyo 2017年11月03日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着
新着
新着 🍉世の中はお盆休みらしいけれど🍆
濃淡