「オトナのたしなみ」📗

まーみるさん
Kyoさん

コメントありがとうございます😊


まーみるさん
江ノ電、大人気ですね。
移動手段というよりも、乗り物そのものを楽しみにされている方も多いようです。
江ノ電からの景色も夕方なんて最高です☀️




Kyoさん
江ノ島に続く道は本当に景色がいいですよね!
江ノ島に乗ると何度も見ているはずなんですが、ついつい窓の外の景色に見とれてしまいます。
階段、いいエクササイズになります😆✨





さて






柴門ふみさんのエッセイ

『オトナのたしなみ』(キノブックス)

読みました。
内容とは無関係ですが、実は柴門ふみさんと私は同じ大学出身なので(学部はちがうと思うのでレベルが天と地ほどの差があるかもしれませんが😅)、それを大学案内パンフレットかウェブかで知ってからずっと気になっていた作家さんの一人なのでした。


自分は自分、ひとはひとっていうスタンスが
しっかりと自分を見失わずに進むコツなのかなあと。

誰か他の人にとって合っている方法でも、
それって本当に自分に合うかはわからないし、
誰かに惑わされたりせず、きちんと自分の意見がぐらつかないようにしないとなと改めて思うのでした。


そういえば最近、たまたま見た奈良美智さんのインタビュー映像で
「自分のことをやればいいんだ」っていう話をされていたのをみて、
勇気をたくさんもらったんです。

ドイツに行かれて、人と同じことをしているから比べられたりしてしんどいと気がついて、自分のことをやればいいんだと思ったという奈良さん。
奈良さんの作品もドイツに行ってからのものが、ぐんぐん変わっていったのを先日の豊田市美術館の展示で目の当たりにしたばかりだったので、すごく納得させられましたし、勝手にエールをもらったような気持ちになりました。

社会の中で生きているともちろん、我慢したり、譲歩したり、傷ついたりすることがたくさんあります。多分生きている限り、人はそういう大なり小なりの葛藤や摩擦と闘い続けるのでしょう。
でもそれと、本当の自分を見失わないようにするのは、全く別次元なんだよなあと思ったり。



『オトナのたしなみ』には、ちゃんと「自分のことをやる」ためのヒントが散りばめられているように思いました。




というわけで

読書

2017年の69冊目
10月の1冊目
でした📚




#読書
#オトナのたしなみ
#キノブックス
#柴門ふみ さん
#お茶の水女子大学

コメント

柴門ふみさんの本は、私が若い頃(^0^)、ドラマになった作品もあったので、読んだことがありますよー。また、旦那さんは、漫画の島耕作を書いている方ですよね。。。

ま-みる 2017年10月10日

紫門ふみさんは、文章も書くんですね。
「自分は自分、ひとはひと」頭では分かっているんですけど(^_^;)

taka 2017年10月10日

まさにそのとおりですね
自分を見失わ無いと言うことは大切なことですね。
日本人は皆歩調を他人と合わせようとする民俗なのでとかく他人と比べてしまうんだと思います。かといって自分の個性を出しすぎるとKYと言われたり、孤立したりということになるのですが、やはりバランスが一番だということですね。👍

Kyo 2017年10月10日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 朝
新着 落合芳幾の浮世絵とキース・ヘリングと三宅信太郎展
新着 名作は圧倒的に名作だった
新着