『女の子のための現代アート入門』

最近、現代アートをわかりやすく、という本が
増えてきている気がして
いいなあって思います。

『女の子のための現代アート入門』(淡交社)

長谷川祐子さんの著書です。


「柔らかい感性」ということで「女のこ」だったのかな?
特に女の子じゃなくても違和感ない本な気がしたので
女の子じゃないし、と思ってる方は気にせず読める気がしました。


この本で

ヤン・ファーブル (Jan Fabre)という現代アーティストを知りました。


なんとあの
ファーブル昆虫記を書いたことで有名なジャン=アンリ・ファーブルさんは彼の曾祖父!!


ヤン・ファーブルは昆虫の標本を使ったアートが特徴のひとつ。

この本にのっていたのも
1970年ころから製作されはじめた《青の時間》のシリーズのひとつ、《コノハムシ》


青のインクのBicボールペンを
一度に何本も手に握って
画面を青く塗りつぶしていき、
その上にコノハムシの標本を2つ並べた作品です。
金沢21世紀美術館が所蔵。


写真でみただけでも
力強く、美しい作品でした。
いつか金沢で見られるかなあ。


ヤン・ファーブルの他の作品も気になります。



ということで
2017年の5冊目
1月の5冊目でした。



#読書
#現代アーティスト
#現代アート
#アート
#美術館
#女の子のための現代アート入門
#淡交社
#長谷部祐子
#ヤン・ファーブル
#ファーブル
#金沢21世紀美術館







コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着
新着 📘『北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方』📖
新着 何宇倫さん個展@京都ギャラリーメイン
新着