米田知子写真集「雪解けのあとに」

世界の
歴史的背景の深い場所を


淡々と、でも力強く撮る作家

米田知子さん



静かなのに力強く
イヤミな叩きつけ感は全くないのに、心を深くえぐっていく


なんだろう、この
静かなように見せて
見ていて揺さぶられるような強さは。









欲しいなこの本

買いたいものリストにチェック(*^_^*)


米田知子さんのインタビュー記事がネットにあって
それを読んで、ストンと納得するところもあったり。


米田さんは
その撮影場所について、たくさんの調査をしてから、でかけられるとか。

米田さんの中にたくさんの引き出しがあって
それが撮影場所に立った時に
一気に様々な引き出しが開いて
化学反応が起き、それが写真になっているのだろうか。


わたし自身、いつも
仕事の準備をたくさんして
それが思いもよらない時に、引き出しに入れた要素が変化して
反応して、新しい思いもよらないものが生まれる、そんな仕事がしたいなあって思っているので
そんなあたりからも米田さんの作家のあり方に
なんだかすごく共鳴してしまいました。


コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着
新着 どーこだー
新着
新着 📘『北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方』📖