『フィッシュストーリー』

大好きな伊坂幸太郎さんの短編小説集

『フィッシュストーリー』


淡々としている空気感もあるのに
切れ味抜群っていうところが
伊坂幸太郎さんの作品のヤミツキになるポイント


他の作品でも登場していた
空き巣の黒澤が
今回も活躍しています。
静かで冷たくてスマートな格好良さは今回も健在。






ところで
何シリーズか気になっていたのですが
伊坂幸太郎さんの本の装丁画が
木で作品を作る作家さんのものだと今回知りました。


三谷龍二さんの作品です

http://www.mitaniryuji.com/



器のシリーズもすごく素敵!
こういうシンプルなの、大好きなので
いつか展示をみにいきたいなあ。

今回の伊坂さんの表題作「フィッシュストーリー」は
装丁の魚の作品から生まれたのだとか。
窓枠?のような影があっての写真もすごく好きな雰囲気です。



伊坂幸太郎さんの作品は
ほんと、毎回、楽しませてくれて
読む前、手にした瞬間から、楽しみになるんだよなあ。

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 えひめ・松山産業祭り2017 We went to tasty🐟Ehime!
新着 ハガキセット New stamps for post card
新着 キャンドルナイト candle light will be notice something.
新着 藤島武二展@神戸市立小磯記念美術館