『大事なことほど小声でささやく』

森沢明夫さんの小説『大事なことほど小声でささやく』

スポーツクラブSABに集まる
濃い面子のそれぞれの物語。
中心にいるのは身長2メートルのマッチョなゴンママ。

彼女の言葉にたくさんの人たちが救われ、
そして巡り巡って彼女自身も救われていきます。


「やり直すことのできない過去を悲しんでいたら、せっかく生きている「いま」が不幸になっちゃうだけでしょ?それにね、まだ来てもいない未来を不安がっても仕方ないじゃない。大切な「いま」をつまらなくするだけだわ。」


ゴンママの素敵な言葉が沁みます。



コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着
新着 📘『北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方』📖
新着 何宇倫さん個展@京都ギャラリーメイン
新着