長谷の灯かり続き

ということで
ちょっと間があきましたが

長谷の灯かり



続きの写真



日暮れからスタートしているイベントで
通常ならばもう門が閉まっている時間帯です。
そんな夜の涼しい時間に歩けることだけでも
すごく素敵ですが
今回は参加型イベントということで
全員がこんな感じの提灯を手に





日が暮れて周囲が真っ暗になるにつれて
灯りも目立つように





長谷寺自体、とっても久々に行ってきたので

お線香を1本

つけさせていただいて








中ではろうそくに名前を書き込んでともしてきました。



観音様に手を合わせ

私たち家族のゆかりの場所となった鎌倉という地に感謝しながら、
いつもたくさんの喜びをありがとうございます、と、
あらゆることが主人にとって良い方向へ向かいますように、と

よくばりながら、長く手を合わせてきました。えへへ

考えようによっては運が悪いなあと思えるような出来事でも
のちのち振り返ってみれば、あれが良かった!あのおかげだった!
と思うことはたくさんあるものです。
つい最近では主人は大切なタイでの撮影中に、残りまだ日数があるにもかかわらずカメラが潰れてシャッターが切れなくなり、
気持ちを切り替えて、ギャラリーを回ったり、仕事で必要な重要な人たちと会う時間に回したところ、それが無事に帰ることに繋がったり。

だから、すべての事象に
必要な意味があると信じています。



長谷寺ってそれにしても
ほんと不思議な場所。

ライトアップにより
さらに摩訶不思議度がアップ?みたいなスポットもあったけどね












写真でみるとちょっとしたホラーちっくだな

人気撮影スポットになっていました



このあたりもね










長谷寺

また明るい時間にもいこう。

ぷらぷら長谷散歩
大好き



入口の門も
大きな提灯に灯りがともると
また印象が変わりますね

お寺の前には
出店が並んでいて
スイーツも揚げものも美味しそうだったなあ。
お腹一杯で素通りしちゃったけれど
どのお店も、いつもは長谷にあるお店の出張出店だったので
今度は店舗にいってみようっと。








/////////////

まるみるさん
のぶちゃんさん
にいにいさん

コメントありがとうございます目がハート


本との出会いはタイミングもありますよね、ご縁とか。
たまたま読みたい本がたくさん見つかることもあれば
せっかくでかけたのに1冊もぴんとくる物がなかったり…
看板も、見るなって言われると…なんだか逆に見ちゃいますね~
気になっちゃって。不思議なものです。
気になることから関連本を探していくっていうのも面白いので
図書館の検索サイトなどもたくさん活用していますよ。
本屋さんでも検索端末が置いてあるところがあって便利ですね。
またブログに遊びにきてくださいウィンク


コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 「奈良美智for better or worse」展@豊田市美術館
新着
新着 「ベルギー奇想の系譜」展@Bunkamuraザ・ミュージアム
新着 三沢厚彦さんのシロクマ