あの頃の景色

言葉とは、とても不思議なものだ。
昨日まで、すがっていた名言が
ふと、美しいアンティークに見えた時、
私は確実に、一歩前へ進んだのだ。

次のステージで
また別の言葉が
私の背中を押し、顔を前へ上げさせてくれる。

これまで寝ないで縫った帆は
どんな強風にも破れることなく
真っ直ぐに風を受けて進む。


1階があって、2階がある。
2階があって、3階がある。

上の階だけが大切なんじゃなくて
1階も、地下1階も、同じように大切。
作った時間が1フロアごとに過去だった。
たまたま、今は、別の階で作業をしているってだけのこと。





そんなことが
急に頭の中に降って湧いてきて
新しい手帳の端に
メモしておいたのでした。

メモメモ

メモメモ

メモは大切。

今日のラジオで
ビエナ・ゼリーライブラリーを作った
風間社長も
アイディアとメモの関係について語っていらっしゃいました。
メモ、ちゃんとしとこう、私。
最近ちょいと、ほったらかしてたからね、メモ。

メモメモ。

手書きメモも
きらいじゃない。
むしろ、好き、かな。



そんなわけで
今日のソラトニワ銀座のラジオ
聴いて下さったみなさん、
ありがとうございました。

またラジオの公式ブログに内容がアップされましたら
ここでもお知らせしますね~

コメント

ラジオ、おつかれさまでした。きょうも、素敵な放送になったことでしょうね。

これからも、多くの方に、まりさんの創る、澄んだ時間を提供してね。☆

まるみる 2013年11月27日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 ローリエ
新着
新着 秋田&青森🚅
新着 『BUTTER』📖