羽ペン

カリグラフィーの西村弥生さんが
スタジオにお持ちくださったものの中に

羽ペンがありました。

本物の羽の先を
削って
ペン先に自分で加工して使うんだそうです。

すごい

映画の小道具みたい。

でも実用されるものです。

実際にアーティストとして羽ペンを使う場合は
正直、この上についている格好がいい部分、羽のふわふわのところは
邪魔なので、取り除いて、むしってしまうとか。

うーん
見た目はたしかに格好いいけれど
描くとなると
鼻の穴にほわほわの毛が入って
くしゃみ連発で大変なことになりそうだなあとは思ったので
うん、なるほどね。そうよね、そりゃそうよね。


それにしても

羊皮紙に

羽ペン

まるで
「ハリー・ポッター」の世界みたいよね~


最後の記念撮影の時に
このほわほわでカッコいい羽ペンを
わたくし、持たせていただきまして
ぱちりんと。

ほわほわ~

これを持っているだけで
着ているものは浴衣なのに
突然気分はヨーロッパ~です。


西村さんは
カリグラフィーは一生続けられるような趣味を持ちたいと思って
そこから初めて
いまや先生になられたり、アーティストとして世界で活躍されていたりするわけですが、

このカリグラフィーの世界に
どっぷり浸りたい~っていう感じ
羽ペンをもっただけで
満喫している私です。

にんまり。


もう一方の手に持っているのは
西村さんの教室で8月に開催予定の
体験教室で作る作品例。

素敵な香り袋が入っています。

文字を書くだけじゃなくて
こうやって自分の好きなようにリボンなどで飾るのも
教室の楽しみですね~。

コメント

素敵な小物ですよね。芽

昔、文房具屋さんで見て、どんな立場の方が、これを
買うのだろうか、といつも思っていました。。。☆

まるみる 2013年07月26日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 ぼだっこ?!
新着 📙『江の島ねこもり食堂』🐾🐱
新着 8月なのに涼し過ぎるぞ
新着 ローリエ