「文庫本葉書」

以前読んだ書籍の中で
内容や出来あがるまでのごく一部の話は知っていたものの、
実物を手に取ったのは、これが初めてのもの。

「文庫本葉書」






本に対する実験的活動から生まれたものです。

添付された説明によると、以下の通り。

「文庫本葉書」は、「ブックピックオーケストラ」のオリジナル商品です。
「文庫本葉書」は、ぱっとみると絵はがきと同じように、郵便番号の記入欄が並び、住所や文面を書くスペースがとられています。しかし、葉書とは違って中には私たちが選んだ文庫本が入っています。買うときには、中に入っている本が何かわかりませんが、裏面に、中に入っている本から引用した印象的な一節が書いてあります。


実際に商品を見るまでは
本の内容もタイトルも著者も分からないまま
購入する本を決めるなんて、難しそうだし、
どうなんだろう
と正直思っていた私。

ですが

実際に「文庫本葉書」が並んでいるのを見ると

すごくワクワクしたんです。

なんだろう、この感じ。

いろいろな一節が印刷されたパッケージ。

3~4行くらいに渡る長い文のこともあれば、
1行ちょいの短いものもあり。

本来は、葉書なので
誰かに郵送するのでしょうけれど
自分用に欲しくてたまらなくなり、
1冊購入しました。

自分に宛てて葉書を投函してみてもよかったのですが、
ワクワク感に堪え切れず
仕事の合間に立ち寄ったカフェで開封。

私が選んだパッケージには
こんな一節が印刷されていました。

「さびしさは痛切ではなく、花の香りのように仄かに漂っていて、見つめようとするとたちまち色褪せるのだった。」






なんだか
苦しいような重いような気もするけれど
なんだか
誰の心にもふらりと入って来るもののような
遠いような近いような一文で
気になって、これに決めたわけです。






中を





開けてみると








出てきたのは






『ニート』(角川書店)
絲山秋子さんの短篇集です。


そうか~そう来たか~
読んだことが無かった本でしたし、
もしかしたら、わりと重いテーマは得意じゃないなあなんて思ったりもするので
本棚に並んでいたら手に取らなかったかもなあという本。

でもあえて一節に魅かれて買ってみただけのことはあって
現在、移動中などに、ぐいぐいと読み進めています。

この一節だけから本を選んで出会うっていうシステム。
はまりそう。
作品に対するワクワク意外に、
いろんな楽しみが一緒にやって来る感じ。

次回こそは
自分宛てに郵送してみようかな。

本好きな友達にプレゼントっていうのも楽しそう。

コメント

面白いシステムですね。とっても感心しました。芽

本好きには、誠にたまりませんね。(笑)

まるみる 2013年05月21日


出会いって意外な所から始まるんですねグッド(上向き矢印)
素晴らしい![拍手]

キララオー 2013年05月21日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 キラリトギンザ ガールズパーティー2017
新着 道後
新着 SO BOOKS生き字引に会いに He is speciali st for photobooks all of the world!
新着 えひめ・松山産業祭り2017 We went to tasty🐟Ehime!