分かっちゃいるけど

飲食店に行った時

メニューをみて

どれにしよっかな~と考え、

メニューの説明書きや
メニューそのものの名前に

「美容」を連想させるキーワードが入っていると

ついつい、「美しくなるような気がする」商品を注文してしまう。

宣伝文句に釣られたんだよなあ
というアマノジャク的悔しさを滲ませながらも
毎度毎度、やっぱり踊らされてしまう私。

女子ってそんなもんなのかなあ。

男性はどうですか?
女性だけの現象じゃないのかなあ。

ビタミンたっぷり
キラキラお肌に

とか

コラーゲンたっぷり
ぷるるんお肌に

とか

飲んでデトックス

とか

様々…。

その根底には

「どうせ飲んだり食べたりするなら、美味しくて美容にもいいものがいいよね」

っていう

ちゃっかり得しながら綺麗になれたらいいな

という

うまい話があるわけないと思いながらも
乗っからずにはいられず
希望を持ち続けてしまう
独特の心理が働いているような気がするのです。

もちろん、食べるもの、飲むものによって
人間の身体は作られていますから
何を食べるのか、何を飲むのか
選択するのはとても重要なことだと思います。

問題なのは

自分に何が必要なのか
本当に認識しないまま
世に溢れる宣伝文句に踊らされるがままに
あれもこれも、良いような気がしてしまう事。

とか言いながらも
やっぱり、私も
踊らされちゃうんだけどさ。

「これってお肌にいいんだって~」

と盛り上がるのはとても楽しいことですが

「で?結局この成分が入っているって、どういう働きかけをしてくれているのか、具体的に説明できる?」

となると、シーン…となったり。
これはちょっと悲しい。

美容に良いものを食べたり飲んだりしたい!

という美意識の向上から

さらに一歩進んで

「知る」ことでもっと
選択が楽しくなるような毎日になったらいいなあ
と思いながら
日々勉強したいなあと思うのでした。

まあ商品名とか
メニュー一覧の中では

確かに
キャッチーであることも
とても大切。

ぱっと目に留めてもらえなければ
まずは話が始まらない、というか。

特に情報が溢れている現代社会においては

その中で一際「おっ」と思って
気に留めてもらうような
心魅かれる魅力が
文字にも込められていなければならないんだよなあ
ということも痛感したりするのでした。

難しいね。

いろいろ
勉強したいことは
いっぱいあります。

コメント

やめられない、と続けたくなりますが。(笑)
それは、さておき。。。

また、女性なら、ついついそうなってしまうのは、
よくある話だと思いますよー。チューリップ
はたから見ると、十分可愛いのに、更に望むのは、
よくばりさん、と思ってしまいます。うれしい顔

まぁ、美の世界征服をたくらんでいる、まりさんなら
いたしかたないですね。(笑)
これもさておき。。。

身体にもよく、心も満足するなら、私は、オッケー
だと思いますよ。☆

まるみる 2013年02月07日

サプリメントとかの過大広告を鵜呑みにしてると危ないですよ

かなみい 2013年02月07日

まりさん♪

カド ̄(=∵=) ̄は、母親にコラーゲンの錠剤を

もう10年位飲ませて居ます。80歳なのですが、

他人が見ると70歳前後に見られますョ!(*^^*)

継続は力ですネ!(^_^ゞ


カド ̄(=∵=) ̄

カド 2013年02月07日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 ぼだっこ?!
新着 📙『江の島ねこもり食堂』🐾🐱
新着 8月なのに涼し過ぎるぞ
新着 ローリエ