『きみはポラリス』

前から読みたいなあと思っている本に

偶然入った古本屋さんで
立て続けに何冊も出会い、

思わぬタイミングでまとめ買いをしてしまうことって

たまにあるんですよね。

この本もそんなタイミングで手に入れたもの。

『きみはポラリス』(新潮社)

三浦しをんさんの短編小説集なのですが、

めずらしく、タイトルになっている「きみはポラリス」と
同じタイトルを持つ短編は収録されていないんです。

たいてい、短編集だと
その本の中に入っている短編の中の
どれかのタイトルが表題にもなることが多いのですが。

『きみはポラリス』は

人が誰かを好きだと思う時、
その瞬間という
まるで魔法にかけられたような不思議な時を描いた作品集。


「「愛」ってのは、「現在進行形で大切」ってことだったんだなあと、俺は埃くさい倉庫のなかで思った。」
とつくづく自分の守りたい家族について噛みしめる父親。

「言葉で明確に定義できるものでも、形としてこれがそうだと示せるものでもないのに、ひとは生まれながらにして恋を恋だと知っている。」
と考えた若者。

でも何よりも
一番ぐっときたのは「春太の毎日」という短編。

これは
麻子という飼い主と一緒に暮らす犬(オス)が語る物語。

最初は人間の恋人が語っているのかと思いきや
途中で、あ、犬だ、と気がつく展開なのですが、

これがまた
犬と暮らす私としては
かなりぐぐっと来てしまったのでした。

犬の春太の言葉

「どうしたって、俺は麻子よりも先に死んじゃうだろう。つらいことだが、こればっかりはしかたがない。だからといって俺は、麻子を愛することをおそれたりしない。命がつづくかぎり、麻子と一緒にいて、麻子を幸せにしてみせる。その自信がある。だって、俺にとって麻子は最初で最後の、大切な大切な恋人なんだからな。」

「それから、ここがすごく重要なんだけど、俺が一番好きだと思い、だれよりも愛してると感じ、いつもいつも幸せを願う相手は、麻子なんだってこと、忘れないでくれ。俺が死んでも、麻子を大切に思ってた俺がいたこと、いつまでだって覚えていてほしいんだ。」

いや~
ウィルさんも
似たようなことを思っていてくれたりするんでしょうか、
なんて勝手な妄想~もわもわもわーん。

ウィルさん、愛しているぜ~
用事が済んだら君のもとへすっとんで帰るから
どうか何もイタズラせずにイジケずに
待っててね~

コメント

犬との恋かぁ~

自己陶酔しすぎないようにね。。。


独身の女性が犬を育てると「●●」が遅れるって言いますからね。。。

グラとし 2012年06月19日

ははは、まりさんらしいね。。。

今日のコメは、まりさんの妄想が更に膨らむよう、
このへんで。。。(笑)

まるみる 2012年06月19日

お久しぶりです。

三浦しをんさん‘舟を編む’で今年の本屋大賞を受賞した作家さんですよね。

犬が語るっていうことは、犬と人が会話するわけではないようですね。

犬の目線で語る‘吾輩は猫である’の犬バージョンみたいな?

taka 2012年06月18日

まりさん

ウィルさんも、言葉では、出せないけどそう思ていますョo(^-^)o

2012年06月18日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 「神戸港コレクション〜よみがえった戦後風景」展@神戸ゆかりの美術館
新着 茶こし新調の巻 New tea strainer!
新着 キラリトギンザガールズパーティー2017🎉KiraritoGinza Girl's Party2017
新着 オスカービューティーキャンプ@キラリトギンザガールズパーティー2017