『高松次郎ミステリーズ』

まーみるさん
Kyoさん

コメントありがとうございます😊


まーみるさん
ステキなものを見ることも面白いものを読むことも、即効性のあるものではないかもしれませんが、地道に続けることで確実に積み重なっていくなあと感じます。



Kyoさん
たくさんの読みたい本が見つかって、しかも特別価格だったりもして、ついつい買い過ぎちゃいました!
少しずつ読みたいと思います。









さて






高松次郎についての本。

これは以前、東京国立近代美術館での高松次郎の展覧会があった時の図録を兼ねたもので
高松次郎について大変詳しい方に譲っていただきました。


私自身は3、4年前だったと思うのですが、
大阪にある国立国際美術館での高松次郎展を見ていました。
かなりのボリュームでありながら、とてもわかりやすい展示で、満足感に溢れて会場を後にした記憶があります。

高松次郎というアーティストは知れば知るほど奥が深く面白いですね。
影を描いたシリーズは、中でも印象的です。
高松の次元への挑戦、点から線になり、人間が物事をどう認識しているのかという大きなテーマに切り込み続け、死のほんの数ヶ月前まで病床でも自らの疑問に挑んでいた姿。

1960年ころから日本で活躍していたアーティストたちは、本当に面白い人たちが多いです。

少しずつですが、勉強中。



この本は高松次郎の制作における思考回路がとてもわかりやすくまとめられていて、ずっと手元に置きたい本だなと思いました。



読書
2018年の39冊目
3月の2冊目
でした。


#読書
#美術
#高松次郎
#ハイレッドセンター
#不在
#影
#点
#線
#東京国立近代美術館
#国立国際美術館
#図録


This book "Takamatsu Jiro : Mysteries" was published when his retrospective exhibition was held at The National Museum of Modern Art Tokyo. Recently I met a certain wonderful woman. She has studied about Takamatsu.And she gave this book to me.
And this book is written by Japanese and English!
I saw Takamatsu's retrospective exhibition at The National Museum of Art Osaka 3 or 4 years ago.
The exhibition was great show.His works and thoughts were presented in a way that's easy to understand. When I saw it, I had not studied enough about art. But I enjoyed this show very much.
Takamatsu's works is very interesting.The more I know about his works the more I like his thoughts and works. He made many important works. And he wrote many drawing papers and texts for his works. He pursued his ends through his works.
1960's Japanese artists are cool and very interesting. I want to study about their works more and more.





コメント

貴重な本を手に入れることが出来て、本当によかったですね。また、大いに活用して、譲って下さった方の意に沿うような形になると良いですね。

ま-みる 2018年03月25日

本はいろんな世界に誘ってくれるのでいいですね

Kyo 2018年03月25日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 朝
新着 落合芳幾の浮世絵とキース・ヘリングと三宅信太郎展
新着 名作は圧倒的に名作だった
新着