2017年も残りわずか!

2017年の終わりに



Kyoさん
まーみるさん
takaさん

コメントありがとうございます


Kyoさん
英語部分もいつもしっかり読んでいただけて本当にありがとうございます😭英語どころか日本語ですらも誤字脱字とかしてたりもしてますが😅とにかく書く!やってみる!という、いろんな挑戦を温かく見守っていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
2017年、ありがとうございました!来年ももっともっと頑張ってお仕事していきます。どうぞよろしくお願いいたします。



まーみるさん
城山三郎さん、まーみるさん読んでそうだなあって思いました👍✨やっぱり!さすがです。葉室麟さんはとても残念でしたね。私はまだたくさんは読んでいないので、葉室麟さんの作品もこれから読み進めたいです。
まーみるさん今年もたくさんたくさん、ありがとうございました!来年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。



takaさん
たしかに!小さくて可愛いものって人気がありますね。このAkiko&Masako Takadaは双子の女性なので、そういう感性もあるのかもしれないですね。
本はなるべくたくさん読みたいなあって思いますが、takaさんの読んでる原田マハさんの本!私実はまだなんです!読みたい!来年こそ読みます。宮部みゆきさんのも買ってまだ読んでないのでこれも近々読みたいです。
takaさん今年もたくさんのパワーを届けてくださって、ありがとうございました。来年も頑張りますので、どうぞよろしくお願いします✨😊











ではラスト







皆さま
今年も大変お世話になりました。


2017年という年もようやく最終日です。
大人になってから年々、1年が長く感じられるようになり、今年もそれは変わらず、長い長い2017年をようやく走り終えた感じがします。

そしてまた明日から
長い2018年が始まります。

いつも思うのは
去年の同じ日に
今日のこの状況が、どうして想像できただろうか
ということ。
毎年毎年、全く想像もつかないような状況で最終日を迎えます。

それは大きな不安と隣り合わせであると引き換えに
とてもワクワクする人生でもあります。

以前はそこに不安しか感じられなかったけれど
今は結構前向き。

想像がつかない未来は
悪いことばかりじゃない。
思いもよらないような
素敵なシナリオが出てくるかもしれない!
そう考えられるようになったら
少しは人生を楽しめるようになったかなと思います。


今年もこのページを通じて、たくさんの方々からパワーをいただいて、
それがお仕事の励みにもなっていました。

ビーアミーブログを書くということについては
日々、模索している部分も多いですが
こういう場所を与えていただいているというのは、本当に有難いことだと、いつも感じます。

これまでは色々と考え込み過ぎて、煮詰まってしまうことも多かったけれど、
やってみよう!と思うことを
どんどんやってみたらいいのかなと、思う今日この頃です。
ウェブサイトという形で、挑戦する場所があるのだから、思ったことは、多少不完全であっても、失敗があっても、とにかくトライしたらいいんだ!と。


そうやって実際に行動して挑戦したり
そのための活力をもらったり

それが出来るのは
ここのページを通して、皆さんの支えがあったからこそ、なんです。

2017年は私事としては立て続けに
大好きだった祖父と、大切な恩師を亡くした時期もありました。
流石の私も心が折れそうだった時に、
支えとなっていたのは、身近な家族はもちろんですがら、このページを通じてどんな時も応援してくれていた皆さんの力です。


相変わらず、我が家族は、時差も12時間以上あるような場所で各々仕事に邁進していたり、日本にいても自宅で遭遇する時間が2、3時間というバラバラ生活な日々も、年間で数えると大半を占めています。

どっからどう見ても、いわゆる一般的な家庭ではない生き方を選んでいるわけですが、そんな変な私でも、ずっと変わらずに温かく見守ってくださっている人たちがいる、というのは本当に有難い話なのです。


改めて

2017年を無事に乗り切ってきたことに
感謝を込めて、皆様にお礼を申し上げたいと思います。



来年はどんな年になるかな。


なんか長くなっちゃって
ぎっしり書いちゃったので

最後はサラッと行くか!

来年もまた書くね〜😍👍


よろしくお願いいたします。



あ、そうそう
読書はめでたくキッチリ100冊となりました。

97冊目が『騙し絵の牙』(KADOKAWA)
塩田武士さんの小説。
大泉洋さんをモデルに描かれたという作品。
大泉洋さんが頭の中でくるくるとお芝居してくれるように読んで、すっかりドラマを観ているような気持ちに。
雑誌、紙の本、ウェブでの出版
本好きにもたまらないテーマです。



98冊目は『ダーシェンカ あるいは子犬の生活』(SEG出版)
文・絵・写真が カレル・チャペック
日本語訳は保川亜矢子

カレル・チャペックの家に生まれたダーシェンカ。ワイヤーヘアード・フォックステリアの女の子です。
彼女が他のお家に貰われて行くまでの子供時代のお話。カレルのイラストも可愛い😍
写真は、今のような手軽なデジタルではなかったので、動き回る子犬を撮影するのは一苦労だった様子。ダーシェンカを撮影する間に話して聞かせた物語も収録されていて、楽しい💕👍




最後は『現代アート事典』(美術出版社)
美術手帖(編)で2009年に初版、2011年の本を読んだので少し古い情報ではあるのですが、
改めて現代アートが生まれてきた背景をざっと復習できて良かったです。


そんなこんなの2017年の読書100冊でした。







Today is the last day in 2017.
Thank you for all!
I was helped many times on this page by this blog readers. Thank you for writing many messages and tap "I-i-ne"👍✨
I got many power from you.
2017 has a few hours remaining, so I hope that today "Oomisoka" will be nice day for you.
And I hope that you have wonderful start on new year!

And…thank you for putting up with my poor English😅
But! I'll be writing and trying more!

コメント

まりさん、明けましておめでとうございます。また、1月1日にはなりましたが、12月31日と大きく変わることもなく、年をとるというのはこういう変わらぬ日々を送ることなんだなー、と私はしみじみ思っています。そして、今日のブログではいろいろと書かれていますが、まりさんの人生は、正に波瀾万丈であり、毎日が冒険だと思いつつ、いつもブログを読ませて貰っています。また、その冒険を楽しみつつ、時に悩む、タレントではない、普通の人らしい一面があるところも、とても気に入っています。誰の人生でもない、自分の人生なので自信を持って、何より自分らしいことを大切にしつつ、これからも持ち前の明るさを大切にして、地道に頑張ってくださいね。最後になりましたが、今年も微力ながら、応援しています。

ま-みる 2018年01月01日

現在、2018年一月一日、大体八時。
明けましておめでとうございます㊗️
毎日ブログを更新するのは大変ですよね。

今年も楽しみに拝見いたします。

今年もよろしくお願いします。

taka 2018年01月01日

あけましておめでとうございます
昨年はお世話になりました
今年もよろしくお願いします。
鶴ヶ岡八幡宮ですね。
階段に気をつけて下さいね

Kyo 2018年01月01日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着
新着
新着 🍉世の中はお盆休みらしいけれど🍆
濃淡