読書「三谷幸喜のありふれた生活」2巻、4巻

Kyoさん
コメントありがとうございます😊
MAをやったメンバー、わいわい楽しいメンバーでした!
母から受け継いだものがいくつかあるので、
これからも大切に使っていきたいと思います。





さて










三谷幸喜さんのエッセイ

三谷幸喜のありふれた生活


2巻の「怒涛の厄年」
4巻の「冷や汗の向こう側」






読み終えました。


厄年


あるある
そして最後には
厄年と正面切って闘おうという意思表明の三谷流厄年の乗り切り方。いいな。
うちはもう二人とも厄年おわっちゃって
しばらく?ないはずだけど。
次の厄年にはやってみよう、覚えてたら😅


相変わらず面白くてどんどん読み進めたくなる三谷さんの本


授賞式でポケットにタマネギを仕込んだ話は
後から、
そういえばポケット、絶対タマネギ臭くなってるよな・・・タマネギのカサカサした外側の皮の細かくなったやつがポケットの中に散乱してるよな、あれ意外と服につくといつまでもなぜか引っ付いてたりするよね、とか妙なことまで想像してしまったり


パチカという打楽器がすごく気になったり
(というか楽器そのものもそうなんだけど、それを鳴らす三谷さんの姿に興味が)


4巻の最後には
エッセイにイラストをつけている和田誠さんと
清水ミチコさんの対談があって
そこもすっごく面白い🤣
二人が好き勝手に三谷さんについて語っています。




相変わらず楽しい読書でした。


ということで




読書


2017年の38冊目、39冊目
7月の2冊目、3冊目

でした。





#読書
#三谷幸喜 さん
#朝日新聞社
#エッセイ
#和田誠 さん
#清水ミチコ さん

コメント

厄年のときは大きな捻挫をして松葉杖でした。
読書は最近しなくなりました。

Kyo 2017年07月19日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 ローリエ
新着
新着 秋田&青森🚅
新着 『BUTTER』📖