そういえば家族

そういえば
わたくし

家には仕事のあれやこれやを

なるべく持ち込まないようにしているタイプなのです。

だから、家に帰るや否や

今日仕事でこんなことがあってね、あんなことがあってね

という話をするタイプではないのです。


もちろん質問されれば
嫌ではなく普通に答えるのですが

なんていうか

家の玄関の敷居をまたいだら
おうち
っていう感覚。

玄関でたら
お仕事、おそと
っていう感覚。

その切り替えを
いつの間にかしっかりつけようって人になっているのかも。
それは自分がちゃんと、家で休息できるようにするために。


とはいえ
家で台本を読み込んだり暗記したり
次のお仕事のために必要な資料を読んだり
ネット検索したり
いつの仕事で使うんだかよくわからないことだけれど勉強したり

そういうことを家にいる間にやっているわけなので
ちょっと矛盾しているとは思うのですが。

24時間仕事のことをしようと思えば出来ちゃう。けど
それをしてしまうと、疲れちゃうから
どこかで区切りをつけないと、キリがないなあって感じているのかも。

なんていうかな

気持ちの問題かな

ただいまっていう。
おうち。今日のお仕事、いちおう終わり。おつかれさまでした、みたいな。



家族はもっと
仕事のこととか
知りたいのかなと思う時もあったり。

逆に家族の仕事のことを聞くのは好きだし
何かこちらから言うわけじゃないけれど
ただ、ふんふんとうなずきながら聞いているだけなんだけれどね。













うちの家族は
ぜんぜん、一緒にいられる時間がない。

でも
遠くに居ても家族なんだなって思える時が
少しずつ出てきた気がする。


難しいね

私の父は生前、お仕事の関係で単身赴任の多い人だったけれど
父は家族と離れて暮らしていた時に
どんなことを考えていたんだろうなあって。


答えはひとつじゃないし
それぞれの答えがあるはずだから

私は私の答えを少しずつ見つけて行きたいな。







Photo by Tetsuya Kusu

コメント

素敵な写真ですね!

ai_me 2016年09月14日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着
新着 📘『北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方』📖
新着 何宇倫さん個展@京都ギャラリーメイン
新着