『みぞれ』

ということで先日も少し触れましたが


偶然にも雪の日に読んでいた

重松清さんの短編集『みぞれ』

様々な日常を切り取った短編小説


重松さんのあとがきによれば
ご自身は

「いわば世間話を職業的にでっちあげる書き手」

なのだとか。

「息をするように「お話」を書きたい。」

と。


大きな、スピーディーなドラマ展開はないけれど
日常に潜むちょっとした歪み、
日常にあるささいなきっかけから起きた小さな事件、
日々の中の違和感や、もどかしさ、
小さなズレやすれ違い、
そんなことが丁寧に優しく描かれた物語。

えぐるような激しさはなくとも

こんな物語はたしかに
みぞれの降る日に、
ぽつりぽつりと読みたくなるかもり






ということで2016年10冊目でした。

コメント

午前3時起床。夜勤でもないのに(*_*)なぜだ!
一番でまりさんのブログをみている(^_^)

凄い読破力!!
岩波文庫の中国名詩選にチャレンジしてみてはいかがですか?

コハダ 2016年01月22日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 えひめ・松山産業祭り2017 We went to tasty🐟Ehime!
新着 ハガキセット New stamps for post card
新着 キャンドルナイト candle light will be notice something.
新着 藤島武二展@神戸市立小磯記念美術館