『僕は長い昼と長い夜を過ごす』

久々に
一気読みな小説を欲しまして

『僕は長い昼と長い夜を過ごす』(早川書房)

小路幸也さんのミステリー

読み終えました。

キャラが立ってて
頭脳明晰な登場人物が多いんだけれど
やっぱり、人が動くのって
最後は、理論とか、利益とかよりも
感情とか、気持ちのところに寄る部分が大きいのかなあ、なんて。

ささいなこと
どうでもいいくらいにも、見えなくもないこと、
でも本人にとっては、何億円積まれたって変えられない、代えられない、くらい、
大事なこと。
やっぱり、あるね。いろいろ、それぞれの気持ちの中にさ。
人間だなあ。



他人からみたら
どうでもいいこと。
でも自分にとっては大切なこと。

他人の定規に振り回されず、
自分の定規で、確認しながら
本当に護りたいもの、本当にやりたいことを、
自信を持って貫ける人でありたい。







コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 ローリエ
新着
新着 秋田&青森🚅
新着 『BUTTER』📖