『夏への扉』時を越えるSF小説

タイムマシンが登場する
翻訳もののSF小説を読みました。

『夏への扉』(早川書房)

ロバート・A・ハインライン(Robert A. Heinlein)さんが
なんと原著は1957年に書いたというもの。

原題は

“The door into summer.”

日本語訳は福島正実さんがなさっています。

主人公のダンと
その愛猫ピート。

人生に絶望したダンが
冷凍睡眠、コールドスリープをすることを決意するところから
物語が動き始めます。

みごとコールドスリープに成功して
30年先の未来で目覚めたダン。

けれど自分が眠っている間に、
大変なことが起きていることを目覚めてから知ることになります。

ダンはどうしたのか。

なんと、タイムマシンを発明した学者のところへ行き、
解決策を見付けてしまうのです。

スリリングな展開。

ダンはどうやって
自分の取りあげられた何かを
奪い返したのか。

時間旅行をする小説やドラマ、映画をみていると
いつも感じるのは、

過去や未来に行ったときにそこにいるはずの
自分自身と遭遇する可能性について。

そして
何かをすることによって変えられた過去や未来は
どこから変わってしまうのか。

何かを操作することで
もう1つの未来が
別の時間軸で出来てしまったのか、
それとも修正テープで塗り替えられたように
上書きされてしまったのか。

どきどきする冒険小説を読みたい時に
ぴったりの作品でした。

コメント

コールドスリープ ですか。
何か気になりますね。

昔、見ました。
「死亡した直後に、一旦人体を冷凍しておいて、
将来の技術進歩を待って、解凍して生き返る」

という試みについて、取り上げた番組を。

番組名、放送日時までは忘れてしまいましたが。

※実際、私が見た番組とは違いますが、他にも、似た内容を取り上げられた番組がありました。

NTV ザ!世界仰天ニュース より
http://www.ntv.co.jp/gyoten/oa/070822/02.html

ロベルト 2012年04月22日

確かに、たまにタイムマシンがあればいいなぁ、と
思う時があります。。。

そして、もしそれに乗ることが出来るなら、のびた君の
ように、優しかったおばあちゃんに会いにいきたいなぁ、
と思っています。(笑)

まるみる 2012年04月21日

先日はブログにイイネをありがとうございました♪


時間冒険ものの小説や映画ってすごくドキドキしますよね!
私も好きです。

映画ではないですが、JIN-仁-のドラマ、あとマンガも読みました。

映画化されないかな~?と思うのですが、
本当に内容が濃いので、いくつかのシリーズにしないと
難しそうな感じですね;


それにしても麻里さん、お美しいですvv

先程コマーシャルを見ましたが


画面から見て左側に映るのが


まりさんですよねほっとした顔

隼人 2012年04月21日

こちらもお邪魔します


冒険小説は読んだ事ないですが


まりさんの紹介で


凄く気になりましたウッシッシ


本を読むと本当にためになる事ばかりで(笑)


小説家になりたいなと


小さい頃に思った事ありますほっとした顔


ならなくて正解でしたが(笑)ほっとした顔

隼人 2012年04月21日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 茶こし新調の巻 New tea strainer!
新着 キラリトギンザガールズパーティー2017🎉KiraritoGinza Girl's Party2017
新着 オスカービューティーキャンプ@キラリトギンザガールズパーティー2017
新着 自由🐕