3回目のちゅーゆー

2月も終わり、3月になりましまね。

2〜3月の我が家はちょっと忙しい。
私の誕生日、息子の誕生日、主人の誕生日が続くのです。
その間にバレンタインとホワイトデーのイベントも入るので、プレゼントをもらったりあげたり、あげたりもらったり…。

間をとって息子の誕生日にケーキを用意してお祝い。
息子にロウソクを渡すと、6本入りのロウソクを1人2本ずつ配ってくれました。
3本選んでいいんだよと言っても2本ずつと言うので、もう3本追加して各々のケーキに3本ずつロウソクを立てました。
「みんなで、はっぴばすでーちゅーゆーするよ」と言って、全部のロウソクを吹き消してくれました。

私たちからはトーマスの絵本とプラレールのN700系をプレゼント。
「お父さん、のぞみ買ってきてくれたね!」と何度も言いながら、一緒にベッドインしてその晩は抱いて寝てました(笑)

主人の両親からは日本昔話のDVD。
日本語と英語が入っています。
英語の字幕が、金太郎は「KINTARO」なのに、桃太郎は「PEACH BOY」なのは何故?

私の両親からは絵本が届きました。
トーマスの絵本というからもしやと思いましたが…
はい、かぶった〜。
母と娘、思うは同じこと。

息子もついに3歳!
「おにいちゃんになったよ。」と何度も言っています。
「わたし、おねえちゃんになったよ。」と、時々なぜか女子に変換(笑)
「何歳?」ときかれると、「5歳」と答えたり。
なぜか飛び級。

道に落ちている葉っぱや石を大事そうに拾ってきたり、
道路に線が書いてあると、「電車が走っている。すごーい!」と目を輝かせたり。
大人にはただの枯葉や線にしか見えませんが、息子には宝物や線路に見えている模様。

この時期の子どもは、妄想と現実の世界を行ったり来たりしているんだとか。
私も子どもの頃は木の枝や石を集めたりしてたなぁ。
大人の価値観だとただの石ころも、子どもの価値観で見ればキラキラ輝く宝石。

3歳の1年間はさらに妄想力が広がりをみせそうです。
私も子どもの心を思い出して、一緒に妄想して楽しみたいと思います。

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

料理と性格
リアルカープ坊や
赤とレジェンドブルー、そしてちょっとターコイズブルー
花より動物