今日の絵とコメント返し

レッスンから帰宅するや否や、今日も絵をかきかき。

彼岸花。私はこの花の存在が好きです。
この季節の巡るたびに、燃えるように咲き誇るけれど、どこか切なさがあるのはなぜだろう。
うつくしい秘密を秘めていそう。。


何にしてもそうだけど、
万物は意味があって存在するという宇宙論はもとより、
そのものの後天的な魅力を引き出すためには、
存在することに意味があると自覚することだと最近思います。

それは、写真を撮っていて、ものの存在を浮き彫りにしたとき、あるいは描写を切り抜いたときに凄く感じたことです。
モデルでも、存在に意味をもつモデルが私の作品世界の理想です。

そう、この花も、
宇宙からしたら私となんら変わりのない対等な生き物。
ちいさな、ちいさな魂のひとつ。
だけど同じ母なる大地のもとで生まれ
全く別々のものとなり、生きていても、還る場所は誕生と同じように
同じ宇宙の深い場所なのかもしれない。
不思議とそんな気持ちに。

私の感性に触れたこの花は、存在する自覚と意味をもっていました。



コメント返し・・・☆いつもありがとうございます☆

Helmutさん☆
かぼちゃ美味しいですよね。きのこも栗も柿もみんな美味しくて
秋のイメージは、紅葉と食欲をそそるいい香り〜♪って感じです。
旬のものは短期間なだけに、たくさん楽しみたいですよね揺れるハート

ポンタさん☆
私も、過去も未来も時は止まらずに流れていくもので、永遠であるとおもいます。
私の感じたことを、共感してくださって、
詩のなかで伝えたかったことを汲み取ってくださって嬉しいです。
私たちの時間は、それぞれの歩みとともに一定のリズムの中で必然的に、永遠を刻んでいくのですよね。時計クローバー

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 美穂ちゃん♫
新着 観劇「GOLIATH〜ゴリアテ〜」
最近みた映画。
山と溪谷