忍ミュ 大千秋楽

昨日の大千秋楽を終え1日が経ちましたね。

改めまして
ミュージカル「忍たま乱太郎」第10弾
~これぞ忍者の大運動会だ!~

全公演が終了致しました。

沢山のご来場
沢山の応援
沢山の愛を

本当に本当に本当に!

ありがとうございました!









今回の作品を通して感じた事などを綴らせていただきます。



遠い昔の様に感じますが、
マネージャーとのお話で忍ミュへの出演が決まった事を聞いた時

一瞬頭が真っ白になり
足の力が抜けた事を今でも鮮明に覚えています。

あの時の目線?
目に見えてた景色?
あの…なんて言うんだろう、
まぁその、凄く凄く今でも覚えてますww

そのくらい衝撃的でした(^◇^;)



衝撃的と言えば
そう!
僕の役が「立花仙蔵」って事を聞いた時も衝撃でしたww

『忍術学園一冷静で優秀な生徒』

僕とは真逆の人間だー
あぁぁぁ…((((;゚Д゚)))))))ってなったww


でも、嬉しかった気持ちも覚えてます
今まで僕の引き出しに無かった物を見つけられる気がしたし

血液型も同じAB型だから(´ω`)
きっと仙蔵さんもAB型特有の空気感をお持ちなんだろ〜な〜って(*´∇`*)






そんなプレッシャーや緊張
嬉しい気持ちも胸に

2019.02.20
第10弾の制作発表がありましたね
「忍者はガッツ」を披露しましたが
初めてのGロッソ
初めての制作発表
そして抽選で当たった忍ミュファンの方も来ていらっしゃる

緊張の極みでした:(;゙゚'ω゚'):ガクガクガク



でもね、本当にね

本当に本当にね

側には優しくて頼もしい先輩が居ました。

同じ袖に待機してた
カズさんと健太朗さんに
背中ポンポンされて
大丈夫大丈夫って声かけてもらって
健太朗さんに至っては緊張がほぐれるツボ押してもらったし(*´-`)

本当に嬉しかった





六年生で初ステージ
六年生で初写真
初い組
初自撮り


最高






時間は流れ
楽しくも厳しい鍛錬を座組皆で終え

いざ行かんGロッソ!



自分の演じる仙蔵がファミリーの皆んなに
受け入れてもらえるか最初はやはり不安もありましたが、

日に日に増えていった
皆様から頂いたお手紙やツイートへのリプ
本当に嬉しかったし
皆様に受け入れていただけたって気持ちが日に日に大きくなり
ファミリーの皆様に助けて頂きました

今自分でブログ書いてて思いますけど
想いを文章にするって
凄く難しいですよね( ̄▽ ̄;)

でも、手書きで綴られたお手紙ってそれだけで
不思議と温かい気持ちになれるし
想いも伝わります(。-_-。)
伝わってます。

プレゼントで頂いたものも早速使わせて頂いてます♪
可愛い仙蔵のグッズや普段使える物、
体を気遣ってくれての物など

本当にありがとうございます。

あ、あと
忍ミュ以外の作品で僕を知ってくれてた人もいて
懐かしい作品の名前がお手紙に書かれてて
そんな昔の僕を知ってるとは!
って嬉しい気持ちになりました
ありがとう(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)




皆様の応援あっての今の湯本演じる仙蔵があります、ありがとうございます。





そんなゆも蔵が
好きなシーンを皆んなに知ってもらいたい
カーテンコールでもお話ししたことありますが



舞台中盤、五年生3人が歌ってる
『どこにいても』

あの歌が僕には
この忍ミュって作品を歌ってる様に聴こえて
一度忍ミュを離れても今回の様にまた帰ってくるキャストもいたり
歴代のキャストの方も沢山観に来てくれたり

離れてても繋がってる様な
忍たまファミリーって言葉は本当にそうだなって感じます


『聞こえるよ あいつらの声 どこにいても
聞こえるね 僕らの声 どこにいても』

素敵な歌詞(;ω;)

本当このまま時が止まらないかなって
毎公演毎公演思ってた




そんな幸せな気持ちで舞台に立ってられる事も
本当当たり前じゃ無いんだなって…

今回大阪公演が中止になり
カンパニー皆んなで最善を尽くし
なんとか大千秋楽を迎える事が出来ましたが

やっぱり皆んな揃って迎えたかったです

オープニングで不器用に肩並べたかったです



だから!

再演では!

皆んな揃って迎えましょう!







そしてまた
当たり前じゃない出逢いがありました


ずーっと助けて貰いっぱなしでした…
優しいし面白い人だけど
真面目な話すると急に
え?誰?
ってくらい急にカッコいい

「通すかバカたれ」あれ聞くと痺れる






和貴さん(*´-`)
本当ありがとうございました。
次会うときはパワーアップできてる様鍛錬してきますね!





年上だけど
板の上でずーっと甘えん坊(〃ω〃)
年上だった事すっかり忘れてしまうくらい可愛く見えました







大谷誠さん

劇中の後半、作法は個人で行動する時間が長いけど、喜八郎が上げてくれた赤い狼煙で

運動会してた顔から
忍者の表情になるあのシーン凄く頼もしく思える

場当たり中一緒に客席にいたら
赤い狼煙のマッピングみて
(。・ω・。)ノツンツン
「あの狼煙僕が上げたの」だって
誠〜可愛いか!!!!ww

留三郎が歌う「桜咲く空の下へ」
のシーンでは仙蔵と喜八郎は既に合流した状態で出てくるから
2人の合流できたシーンもあったら嬉しかったね

仙蔵は悪者2人と戦い
喜八郎は狼煙を上げ
え、作法優秀じゃね?ww



頼れる同室と
誇れる後輩が居てゆも蔵は幸せでした。









そんな仙蔵ですが、

僕で七代目

本当に歴史を感じますね

歴代の仙蔵が皆んな仙蔵で
僕にはどんな仙蔵が表現出来るのか…
模索を続ける日々でした

まぁ、まずクリアしないといけないのは
サラストの扱いですよねww
ダンス中に絡む事は殆ど無くなりましたが

立ち回りしてる最中はどうしても
サラストが暴れる( ;∀;)

…寿烏のお2人強えんだもんww

再演では
流れる動きでサラストを体の一部として扱える様に成長しますね!

あと、その、、、
ポカ蔵もなんとかしますね(。-_-。)


仙蔵を通して見てきた景色は
本当に忘れられない世界が広がっていました

忍術学園での運動会も
仲間達と戦ったあの瞬間も
カーテンコールでファミリーの皆さんと、ひとつになったあの空間も

本当に本当に幸せで素敵で
この忍ミュって作品に出会えて
『立花仙蔵』に出会えて

良かった。

またファミリーの皆んなに会える日を楽しみに
鍛錬してきます!


第10弾初演
本当に本当に本当に!
ありがとうございました!
































また会う日まで。

コメント

湯本さんこんにちは。
「ミュージカル忍たま乱太郎第10弾」お疲れ様でした!

お写真たくさん、想いもたくさん溢れた丁寧で素敵なBLOGを拝見し、こちらもぽかぽかと温かく優しい気持ちになりました。ありがとうございます。:*・゚☆

私にとっても、今回が初めての忍ミュ観劇でした。
初めてが第10弾で本当に良かったと思っています。
舞台ではキャストの皆様が誠実で全力を懸けて忍者として生き抜いている姿に感激でした。
またバックステージでの仲良しな写真やツイートも微笑ましくとっても癒されました(*´∀`*)
観劇の回数を重ねる度に、ゆも蔵の魅力にどんどん惹かれていきましたよ!笑
凛々しい歌もダンスも、美しい髪さばきもカッコ良かった!
立ち回りシーン最高でした!
土寿烏との対峙の背落ち…!見所でした!
文次郎と肩をたたき合ったり意志の通じたアイコンタクトする姿はい組の絆を感じましたし、先輩に甘え通す綾部をちゃんとお世話してる作法コンビのやりとりが可愛くて可愛くて…!
本当にお気に入り場面を挙げたらキリがない程、大好きな作品でした。

再演もご出演されるようで、おめでとうございます。:*・゚☆
また秋に、ゆも蔵にお逢いできる事を心から楽しみにしています。
これらもお身体大切に、お仕事頑張ってください!

NA09 2019年06月11日

10弾初演の全公演、本当にお疲れさまでした。

舞台上で生きる湯本さんの仙蔵は、まるで頭のなかでイメージしている仙蔵がそのまま出てきたようで、一番好きな仙蔵というキャラクターを湯本さんが丁寧に演じてくださったことへの感謝でいっぱいです。

ブログを拝見して、湯本さんのお言葉に忍たまファミリーの温かさを感じ、今はすごくポカポカした気持ちです😊
素敵なブログをありがとうございます。
また、仙蔵と伊作が不器用に肩を並べ、顔を見合わせる日が来ることを願い、楽しみにしていようと思います☺️

天気によって寒暖差の激しい日々が続いていますので、どうぞご自愛専一にお過ごしください!
本当に素敵な仙蔵をありがとうございました!!!

gumi _ 2019年06月10日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

NINJAZONE
エンドレスリピーターズ
忍ミュ 大千秋楽
東京千秋楽