貴船神社

京都だよっ。

京都は1日では回りきれないほど魅力的なパワースポットが沢山あってね。
でもね、みみっちにはお寺はまだ早い気がするの。
それにそういった名所やお城を巡るには、みみっちの甥っ子の様な歴史大好きな人と一緒に行かないと楽しめないものねぇ〜。

そして丑岡はどうやら神社が好きらしい。
はい。やっと自分で気付きました。
それは願掛けもあるし、手入れされた自然や林道とかを見ながら散歩をするのが好きなのかもしれない。

あとね、丑岡は水が好きみたいなの。
海にプールに温泉、
そして運動の後の冷た〜いお水をゴクゴクと飲む。これ幸せね(^^)
正直、ビールよりも冷えたお水が大好きなの。
お米だって良いお水で炊くと美味しく炊き上がるんだからぁ(≧∇≦)
時間が許すならこの川の源流を歩いて訪れても楽しかったかもしれないけど、見た感じ、調べてみると源流はまだまだ上流にありそうです。
そこで日頃思っている事、
それはお水に感謝です。

今回は貴船神社です。
水の神様です。
織物文化館の市原駅から2駅の場所にあります。

ここはね、
「丑の年の丑の月の丑の日の丑の刻」
がキーワードでこの時に願うとすごい威力を発するらしいよ。世に言う丑の刻参りで有名なんだってー。怖いよねー。

でもね、ここ。
実はご縁を大切にしている神社です。
(ここからは益々うしおかの勝手な見解です)
これからのご縁、今までのご縁、自分の未熟さで無くしてしまったご縁の復縁などなど。
はたまた、「氣力が生じる根源の地」ということで、気持ちが落ち込んだり、何かをやり遂げたい時などには元気になれるんじゃないかなー。

なんだか願掛けをするには表裏一体な感じも受けますが、しかしながら
運氣龍昇!のお守りや、
「何事もうまくいく」絵馬なども販売しているのですから、
縁起や運気上昇に良い神社なのだと思います(^^)

あーー、京都って深いわぁ。

なのであえて今回のテーマです!

たった一度の人生、
人のキレイな部分を信じて
生きてもいいんじゃないかしら。

貴船は歩いて実感しましたが、
とても水に満ちている町で、道なりに沿って鴨川の源流である貴船川が流れています。
貴船の街道は今年の暑い夏に歩いていても涼しく、とても気持ちの良い場所であります。ぜひ、徒歩で行くことをお勧め致します。

貴船川には川床があり。。。
えーっと川床とは、川の流れの上に設置された床板の上に畳かな?の敷かれた敷地で川のせせらぎと流れを楽しみながらお料理を食せます。
その川床がとても新鮮で見ているだけでもテンションあがります。

あぁ、流しそうめんか!

食べたいなーー。
食べたいなーー。
まだ10時なのに並んでるよー。
でも、楽しいことは1人でしちゃいけないねっ。今後の楽しみと本日のランチの為に胃袋を空けておかないと!うん。

さて。楽しみにしていた水占い。

おみくじ紙を購入して水に浸すと文字が浮かび上がるんです。

さぁ、どんな内容かなーーo(^▽^)o

水面に浮かんだ紙から文字が浮かび上がる。

昔こんな様なモノがあった気がする。
それは駄菓子屋さん、
それは。。。やっぱり駄菓子屋さんだったなーー。
うーーん、具体的に思い出せなーい。

ここを訪れると沢山の杉や檜がある。

正直なところ、丑岡は杉はわかるけど檜との違いはわからない。

それぞれの木があり、その殆どが大事に育てられているので、その迫力を写真に収めて伝えたいのだけれども、まるでスカイツリーのオンパレード。
フレームに納まりきれませんっ!

ぜひ体験してみてください。
1000年以上も生きている杉の木もありますから。







コメント

なみへいオヤジさんへ
貴船の風流な感じ、とても好きです!
昼は流しそうめん、夜は川床で夕飯。
いつか泊まりでゆっくりしてみたいなー✨

今回は 一言で  風流  を感じさせてくれるね  川床で 自然な涼しさ いいよね

なみへいオヤジ 2016年09月12日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 夏の風物詩
旬の食材
およよっっ
春です