歓声と切なさ

8月8日、今年で最後かも?と噂の東京湾大華火祭に行ってきました!

息子、初めての花火大会。
東京での花火大会は私も初めてなのですごく楽しみにしていたのですが、主人の仕事が休めず息子と2人で行くことになり不安も少し。

会場付近では折り畳み椅子やら大きなクーラーボックスやら、皆さんしっかり準備されている様子。
私、敷物くらいしか持ってきていない…どうしようと思いながら開場前の列に並んでいると、後ろのおじさまが椅子が貸して下さいました。
ありがとうございます!!

そして、私の二組前には子育て広場でよく一緒になるお友達が!
パパとママと来ていたお友達。
パパさんが一番前の席をゲット!
とても優しいパパさんで、膝の上に乗ったり、まるで自分のパパかのように初対面から一気に距離を詰めてくる息子に対しても上手に相手をして下さって、これまたありがたい。
さらにお隣のカップルのお邪魔をしに行き、お菓子をいただいてきた息子…。
周りの皆さんの優しさに助けていただき、打ち上げ開始までの時間を楽しむことができました。本当に感謝です!!


そして、いよいよ打ち上げスタート☆
夕方と夜との境の空に打ち上げられる花火の淡い色合いがステキ!


さて、花火大会初体験の息子はというと…

私の後ろに隠れているではありませんか!
さっきまであんなに元気にはしゃいでいたのが嘘のよう。
「しまい〜、しまい〜」(←お終いの意味)
と言いながら、肩から顔を覗かせるも怖がって私の背中にひっついて出て来ない。
開始20分、こっくりこっくり…
なんと寝始めました!?

おいおい…。
ここに来るまで結構頑張ったのに、3時間くらい待ったのに、20分で終了ですか?

まぁ、仕方ない。
せめて記録には残そうと、そこからはビデオと写真の撮影に専念です。

何一つ遮るものがなく、対岸から打ち上げられる花火の迫力。

赤に青に、次々と染まる海面。

キラキラ輝く都会の街に降り注ぐ垂れ花火は大迫力。

やっぱり夏の夜空には垂れよね。
火の粉がちりちりと舞って消えてゆく最後の瞬間まで余韻をたっぷり楽しむことができました。

息子は花火の音が轟く中熟睡し続け打ち上げ終了とともに目を覚ますという、大人からするともったいない状態。
息子からしてみれば、怖いからいっその事寝ちゃえ!だったのでしょうが(笑)
大きくなって怖がる自分の様子とともにビデオで楽しんでくれたらいいな♪

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

料理と性格
リアルカープ坊や
赤とレジェンドブルー、そしてちょっとターコイズブルー
花より動物