私の知らない6時間

先日ついに初めて息子を施設に預けて仕事へ。

お弁当持参なので、かわいくしようと、頑張ってみたものの…

パンダになりきれていない生き物がこっちを見てる。
お母さん、力及ばず…。

離れる時はやはり泣いてしまった息子。
でも何度もなだめたりしていると自分もお母さんと一緒に帰れると思って余計に辛いそうなので、離れ難い気持ちを堪えてバイバイ!

泣き止んだかしら?
遊んでるかしら?
お昼は食べたかしら??
ずっと息子のことが頭から離れませんね。

夕方お迎えに行くと、息子は園の黄色い帽子を被って砂場で遊んでいました。
まず帽子を被っていることにビックリ!?
いつも嫌がって被らないのに。
はじめは嫌がっていたそうですが、夕方にはおとなしく被って遊ぶようになったそうです。
たった6時間でなんだか成長してる!!

気になる一日の様子は…

思いの外楽しく過ごせたみたいで少し安心。

パンダもどきもきれいにいなくなっている!
空になったお弁当は嬉しいものですね。

ただお昼寝はできず、ずっと遊んでいたそう。
初めての場所で緊張していたのかな。
家に帰ると顔をすりすりしてきた息子。
頑張ってくれてありがとう。

毎日一緒にいると、それが当たり前で、今が特別な時間だという気持ちが薄れていました。
離れてみて改めて感じる、何でもない毎日が大切な一日。

次回はお弁当をもう少し頑張ろう。
青いものがなかったし、パンダ怖かったし、適量がよく分からないし。
見ておいしい、食べておいしい、食べやすいお弁当、研究しよう!

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

料理と性格
リアルカープ坊や
赤とレジェンドブルー、そしてちょっとターコイズブルー
花より動物