広島へ届け

日に日に被害が拡大している広島市の豪雨災害。
ちょうどあの日、実家に帰省していました。
実家の辺りは雨は降っておらず、音もなく雷が何度も光っていて気持ち悪い夜でした。

次の日の朝、ニュースを見て驚きました。
馴染みのある地名が連呼されている。
友人が住んでいる地域も含まれていて、背筋が凍りました。
幸い私の親戚や友人は被害を免れたのですが、亡くなった方の中には息子と同じ年頃のお子さんもいて胸が苦しくなりました。
雨雲の通り道が違っていれば、自分が被害を受けていたかもしれない。
息子を強く抱きしめずにはいられませんでした。

東京に戻って来ましたが、二次災害の恐れもあるため何度も広島の天気を見てしまったり、いまだ行方不明の方の捜索も続いていて気になって仕方ありません。

離れていても少しでもできることを。

広島市のHPではボランティアの募集や義援金を受け付けています。
どうかご支援をよろしくお願いいたします。

そして、今回のような災害が発生する可能性のある地域は全国にあると思います。
早めの避難や防災対策などの見直しをお願いします。
被害が起きないことが一番ですが、もし起きてしまったらどうすれば良いのかということも考えておかなくてはならないと感じました。

どうか避難所生活の方が少しでも早く心が休まれる状況になりますように。
どうか一人でも多くの方がご家族のもとに戻って来られますように。

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

料理と性格
リアルカープ坊や
赤とレジェンドブルー、そしてちょっとターコイズブルー
花より動物