「いたいのいたいのとんでいけー」というシンポジウムでの講演

今日は
秋葉原で
成長科学協会主催
「いたいのいたいのとんでいけー
~子どもの痛みの意味を考える~」
というタイトルの公開シンポジウムで
講演させていただきましたWW
 

 
これ,もっと早く告知すべきだったと反省
 
こんな感じのシアターみたいなところで
お話しさせていただきましたWWW
 

 
日大麻酔科教授のお話は
あちこち痛くなる1人の人間としても
興味深かったです
 
痛いときは
がまんしないで
「頭がずきずきしてつらい」
「おなかがきりきりしてつらい」
など
積極的にオノマトペを使って
痛みをアピールしましょう
 
 
 



コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 ヒルトン名古屋でAI・自動運転・ロボットについての講演
新着 今日も日刊工業新聞に掲載
日刊工業新聞コラムに掲載
めがねミュージアム&GLASS GALLERY291