宝石泥棒

5月5日 端午の節句。
鯉のぼりを泳がせることができない我が家では、鯉のぼりロールケーキを作りました!

調理師で栄養士のママ友に教えてもらい、初めてのロールケーキ作りに挑戦です。

泡立て器で卵を混ぜたり、生クリームを泡立てている横で「やーたい、やーたい」と言ってくる息子。

「…??」

「あ、やりたいね!」
ひとつ息子の訴えを理解。

中にはイチゴ、キウイ、甘夏。
好きなフルーツを入れることができるのも手作りならではですね。

フルーツだけでも食べたいところですが、ここは我慢。だって大人ですから。
しかし、欲求の赴くままの2歳児たちはそうはいきません。
ロールする前にパクパクつまみ食いが始まって、子どもたちが口に入れるのが早いか、ママたちが巻くのが早いか!?
中に入れるフルーツがなくなってしまわないか冷や冷やしました。

最後にチョコレートで目玉をつけ、チョコペンで鱗をデコレーションして完成です!

チョコレートのおめめの下から白目が少し見えるように生クリームを絞るとかわいいそうです。
上の白鱗カープが先生作。
下のピンク鱗カープが私作。
うーん、先生のように美しい丸い白目が作れず、ギザギザ白目に…。
生クリーム絞りは要練習です。

切り分けると、フルーツの宝石箱や〜♪
フルーツ大好きの息子は手をかけたスポンジ部分は丁寧に残して、中身だけくり抜いてくれました(笑)

スポンジとフルーツのハーモニーは、もう少し大人にならねば分からぬのだよ。
抜け殻は、私が美味しくいただきました。

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

料理と性格
リアルカープ坊や
赤とレジェンドブルー、そしてちょっとターコイズブルー
花より動物