衝立と優しさ

今日は息子が通う保育施設のお別れ会。
4月から幼稚園や保育園に通う子どもたちは、今月でここから旅立っていきます。
息子は春からも継続ですが、お友達と一緒にステージ発表をしました。

ステージに並べられた椅子に座り、きらきら星を歌い、森のくまさんの曲に合わせて鈴とタンバリンを演奏♪
最後は日頃のお散歩の様子をテーマにした劇を披露してくれました。
帽子を被り、ロープを握って列になりプレイルームを一周。
発表の間、私のもとに戻って来てしまうことなく先生とお友達の中で行動することができていた息子の姿に成長を感じました。

パパママの顔を見ると「目の前にいるのに何で抱っこしてくれないの!?」と泣き叫んでしまった0歳児のお友達も。
すると、「ママたち隠れて!」
先生の声で衝立の後ろに身を隠すパパママ。
忍者の如き素早さ。
衝立の新しい使い方を発見。

その後、ママはカレンダー製作。
息子が選んだ台紙はサーモンピンク。
マスキングテープをペッタンして、写真を
コラージュ。
最後に12月のところにマジックで彩りを添えた息子。
何気に緑と赤のマジックを使ったクリスマスカラーです☆

パパたちは先生から折り紙でお花作りをお願いされ、黙々と折り紙。
一体何に使うお花かなと思っていたら…
今日はホワイトデー。
パパたちが自分で作ったお花をママにプレゼント!という、先生からのサプライズだったんです☆
先生が「パパがお花作りを」と念を押されていたのは、こういうことだったんですね!

半ば強制的!?に一言メッセージを添えてママにお花をプレゼントするパパたち。
思いを伝えるのが苦手なパパもいると思うので、こんな形で伝える機会を作るのも照れるけどいいものですね。

うちのパパは仕事で来られなかったのですが、我が家と同じようにママだけで参加したところには、先生が作って下さったお花を子どもたちからプレゼントしてくれました。
嬉しい〜♪♪あっ、目にゴミが…。゚(/□\*)゚。

主人は息子が寝た後に帰って来るので、交わす言葉は朝出かける時の「おはよう、じゃあね。」
仕方ないと思いつつ、親子3人のファミリーを見ると羨ましくもあり…。
でも、先生たちの優しさで来年度も頑張れます!!

息子が選んでくれたのは紫のお花。
今日のコーディネートにピッタリだね♪(^ー゜)

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

料理と性格
リアルカープ坊や
赤とレジェンドブルー、そしてちょっとターコイズブルー
花より動物