司でも、椿でもなく

昨日は雛祭りでしたね。
息子は保育施設でお内裏様のコスプレをして写真を撮ってきました。

雛祭りなので、おやつは桜餅が出たそうです。
生まれて初めて桜餅を見た息子。
丸くて葉っぱが付いている桜餅の形を見て「なんだ、これは?」と訝しげな顔をしていたそうですが、先生が葉っぱを取ってあげるとスプーンでつついてみたんだとか。
ネチッ、モチッとする感触にさらに眉をひそめるも、少し口に入れてあげると甘くておいしかったようで自分でパクパク食べたそうです。

そうかぁ、初桜餅おいしかったかぁ♪
と、思いながら家に帰っておやつの献立表を見てみると、3月3日は…

ん??桜餅の文字はなし。
代わりに、道明寺!?
何やらお金持ちそうな名前だけど、これおやつなの?

調べてみると、桜餅には長命寺と道明寺という2種類あるとか!!

・長命寺→小麦粉を使った薄いクレープのような生地で餡子を巻いたロール状のもの。
・道明寺→もち米の粒々が残った状態の餅で餡子を丸く包んだもの。

長命寺、道明寺の名前は、それぞれ謂れのあるお寺の名前からきているそうです。
大きく分けると、長命寺は関東、道明寺は関西に分布。
関東では「桜餅」といえば「長命寺」を指し、「道明寺」は「道明寺」と呼ぶそう。

なるほどね!
これでおやつメニューの謎、解決!!

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

料理と性格
リアルカープ坊や
赤とレジェンドブルー、そしてちょっとターコイズブルー
花より動物