あれもこれもmix


年の瀬ですが、香港の旅を完結しておきたくて!

最後に香港のグルメを紹介しようと思ったのですが、ご飯の写真が少ない。
息子に食べさせて、自分も食べて、息子が食事に飽きてきたら相手して…。
振り返ると食事の時が一番忙しかったんです。

そのため実際に食べていないものも含まれますが、グルメ編といきたいと思います。


まず、セブンイレブンとサンクスがほとんどだったコンビニにて。
商品名だけで満腹になりそうなカップラーメン。

次に火鍋。
次から次へとどんどん出てくるお肉に魚介。
本当に分量が合っているのか心配になりました。
日本は残さず食べるのが作法ですが、中国では残す方が礼儀だとか。
食べ切れない程満足したという意味になるそうですが、それにしても多かった。満腹過ぎ。

そして、この旅のメイン料理の蟹!
おいしかったー!!蟹おいしかったー!!!
あ、2回も書いてしまいました。

日本と違っていて気になったのが、ケーキのデコレーションの仕方。
ハンバーガーに刺さっているピックの先にライム??
えのきのトッピングの仕方が芸術的!

行列ができていたのが、おでん屋台のようなお店。
見た感じではそんなにおいしそうに見えなかったのですが、香港の人達は朝ごはんや小腹が空いた時に立ち寄っていました。
しかし、ちょっと買う勇気がなかった…。

その他、お粥に雲呑麺、中華などを食べましたが写真に残しておらず…。
香港の人はお粥の後にミルクティーを飲んでいたのが気になりました。
垣間見える英国式。合うのかな??

パクチーが入っていたり、ライスに何かの香りがついていたり、日本では馴染みがない味もありましたが、概ねおいしかった香港グルメでした!


さて息子はというと、一人前にスーツケースを引いてご機嫌。
スーツケースを離さないのでボディーチェックの時が大変。機内にも持ち込むことに。

ご飯は口に合わないのかなと思うものも多かったですが、お粥と小籠包を気に入ったみたいでした。
知らない街を眺めたり、デパートの中でペンギンやシロクマに出会ったり、人生初海外でも持ち前の社交性を発揮して道行く人に手を振りニコニコ。

そんな息子に香港の人達もニコニコしてくれて、子どもと一緒に旅行しやすい街だなという印象でした。

香港は大学の卒業旅行で一度行ったことがあったのですが、その時はツアー。
ツアーではない今回の方が日常を見ることができたように思います。
街にも食にも溢れているヨーロッパと中国の文化が混じり合った香港ならではのセンスを感じられたおもしろい旅でした。

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

料理と性格
リアルカープ坊や
赤とレジェンドブルー、そしてちょっとターコイズブルー
花より動物