受け継ぐモノ

弟が遊びに来ました。
息子にとっては叔父さん。

弟と息子、2人図らずも紺パン!

旗から見れば完全に親子(笑)

妊娠中に弟と2人で新幹線に乗っていた時に私の大きなお腹を触る弟を見て、隣の席の人が目を細めて微笑んで下さったことがありました。
あの時も完全にパパだと思われてたな(笑)

「パパにそっくりね〜って言われたらどうする?」
と、パパと思われている弟に言うと
「僕らは兄弟じゃけん、美帆ちゃんの子どもは僕に似とるじゃろ。」
と、ちょっと嬉しそうに言う弟。

そうか。当たり前だけど、そうよね。
弟と息子も血が繋がってるんだよね。
私達夫婦の息子であり、甥っ子であり、孫であり、ひ孫。
私達だけの息子じゃないと思うと、家族の大きな愛と、しっかり育てていかなければという責任も感じる。
息子の中には家族みんなの色んな部分が少しずつ受け継がれている。
当たり前だけど、なんだか不思議な感覚です。

ちなみに息子が着ている赤いチェックのシャツは、私が着て、弟も着たもの。
母が捨てられずに保管していた子ども服。
こちらも時を経て受け継いでいます。

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

花より動物
年少ラスト弁
使途不明石
わびさびゼロ