頭におべんと

数口しか食べず中だるみしていた息子の離乳食。
最近は母乳で足りない栄養素を補完するという意味で補完食というそうです。
できるだけ母乳を続けたい派としては、補完食という表現の方が焦りや寂しさが和らぎます。

さて息子の補完食。
食べたい欲求が出てきたようです。
椅子にもちゃんと座るようになり、自ら座ることもあるほどに!
ご飯を運んで来ると、バンボの上に正座みたいにちょこんと座る姿がかわいい〜( *´艸`)

手づかみで食べたがるようにもなってきたので、手づかみ食べメニューを調べていたところご飯を卵で巻いて巻き寿司風にするレシピを見つけて実践!

急に「タンパク質も必要だ」と思った私。
卵で納豆巻きを作り、どうだ!とばかりに息子に出してみると…

卵を上手に剥がしてご飯と納豆だけを食べ始めたではないですか!?
卵で巻いた意味がなく、手のひらからご飯はポロポロこぼれ落ち、おまけに納豆でネバネバべたべた…。

私、何で納豆なんか入れたんだろう…。

米粒と納豆だらけになった息子の顔と手と机と床の状態を見てひどく後悔しました。


この納豆巻きの失敗を踏まえ、夕ご飯メニューはきゅっと絞った丸いおむすびが定番に。
角切り人参やカボチャ、海苔を貼ったりするのが工作みたいで楽しい〜♪

ちび丸おむすびならなかなか高確率で口に入れられるようになりました。

お米が好きなのか、いつもおむすびから食べるんです。
両手に持って欲張り〜。

トレイを埋められるほど品数も増えてきて、作る楽しみも増えてきました。

私がおかずをスプーンで食べさせると自分でスプーンを持ちたがるも上手くすくえないので再び私にスプーンを渡し「あっ、あっ!」
「すくって食べさせてくれ!」と要求。

もう一口欲しい時は手を挙げて「あっ!」
もうごちそうさまの時はお皿を私に渡してくれます。

食べたい、お腹いっぱいが自分で分かるようになり、それを相手に伝えようとして、ちゃんと伝わってるこの感じ。
嬉しくて、不思議で、たまりません(=´∀`)人(´∀`=)


まだまだ食後は米粒だらけになっていますが練習だから仕方のないこと。
でも後片付けのストレスは少しでも減らしたい!
試行錯誤した結果、食事中はレインポンチョを着せてます。
汚れがひどい時はシャワーで流せばOKなので広い心で手づかみを許してあげられるようになったかな。

むにゅっとした心地良くない感触を足の裏に感じて掃除しきれていなかったご飯粒の存在にイラっとすることはまだありますが、それも懐かしくなり時が来ると信じて今日も床拭き。

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

花より動物
年少ラスト弁
使途不明石
わびさびゼロ