ケガ予防〜食〜


【ケガのリスクを避ける!〜食とケガの密接な関係を学ぶ〜】をテーマに

体の中からケガ予防するためにはどうしたらいいか。

学んできましたー!!(o^^o)


理想なカラダを目指したり、運動をしてパフォーマンスアップや良い結果を求めるには、

トレーニングはもちろんっ!同時に食事も大事になってくるっ!

食べたものでトレーニング成果が左右される。


★疲労骨折・・オーバートレーニング、減量による栄養不足、カルシウム不足


★肉離れ・・筋肉のつき方や披露の蓄積、タンパク質不足

★捻挫・・エネルギー不足から集中力の低下

★痙攣(レース中の攣り)・・栄養不足によるミネラル摂取不足



●『どんな栄養素を取ってあげたらより早くケガを修復できるか?』

タンパク質は、筋肉の修復材料と言われているがより良いのは、

亜鉛が含まれるタンパク質。

例えば→牡蠣、魚介類、牛肉の赤身、うなぎ、たらこ、高野豆腐


そして、タンパク質と同時に『ビタミンC』を取ってあげると、

タンパク質の合成能力が高まり、質の良い筋肉を作る事が出来る。


※ビタミンCは、2〜3時間で外に出ていってしまうので、毎食食べる事をオススメします☆

※ビタミンCは水に溶けやすいので、茹でる・蒸す・スープにして汁を飲むなど工夫をする。


●関節の痛みに効くのは...

『コラーゲン』

理由→関節のすべりを良くしてくれる。

例えば→手羽先、カレイ、なんこつ、鮭の皮、フカヒレ(高くて食べれないが...笑)




疲労回復には、運動後に糖質+タンパク質を一緒に摂取すると良いって知ってたけど、

タンパク質+ビタミンCはケガの修復を早くする効果があったとは...

んで、コラーゲンはお肌に良いだけじゃないんだね。


学べば学ぶほど、面白いね〜!!


なんだか写真の髪型、アトムみたい。笑


【綾子RUN】
1日(木)→休足

最新ブログ

新着 幸せいっぱい☆
新着 那覇→ナガンヌ島へ
CASIOランニング時計
インタビュー