見て見て~っていう気持ち

オスカーアンケートが更新されました。
今回は

「携帯カメラでよく撮影するものはなんですか?」

第一位は風景でしたね。

私はなんだろう…

メモリーをみてみると

やっぱりスイーツプロジェクトに参加させていただくようになってからは
スイーツの写真がぐんと増えましたね。

あとはウィル、海、森の3兄弟の写真は
やっぱりいっぱいあるなあ。

ブログ用の写真も。

アンケート結果を見ていると、3位には「見付けた面白いもの」。

1位の風景も、2位の食べ物や飲み物も、
それから7位のペットや
8位の気になった商品などなど…

つまりは

「ねえ、これ、見て見て~♪」

という気持ちの表れのような気がしました。

今、もし、伝えたい相手が隣にいれば
「ねえ、これ面白いよ!」
「ちょっと、みてみて~!」

と言えるのですが、
それが遠く離れた誰かだとしたら…

写真を撮って
電子の力を借りて

これ、面白いよ♪

と伝えたい!

そんな気持ちが膨れ上がるんだなあ…


ブログ用にと思って写真を撮っている時でも
読んでくれている皆さんに向かって
これ、見て♪と言いたくて
面白いもの、ちょっと変わったものを撮ったり。

写真は、言葉だけでは表せない面白さを伝えてくれる
大切な手段の1つですね。
特に携帯で手軽に撮れるということ、それをブログ用に使うということ、
そこにはみんなと面白さを分けあいたい、共感したいっていう気持ちがあるんじゃないかなと、私は感じます。

携帯カメラは
簡単に、気軽に撮影できるからこそ、
日々のちょっとした感動を写し込みやすいのかもしれませんね。

恩田陸さんの小説『月の裏側』に登場する藍子は、
写真の面白い使い方をしています。
いろいろな場所でシャッターを切る藍子。

「そう、メモ代わり。もしくは日記代わり。写真を見ると、その写真を撮った時に何をしてたか、何を考えてたか、鮮明に思い出せるの。他の人には何の意味もない風景だろうけど、あたしが見ると思い出せる。日記をつけるのは大変だし、誰かに読まれたら困るというのもあるけど、写真だったら他人が見ても意味が分からないから重宝よ。何か感じたらパッと一枚撮る。日付けも入るしね。」

確かに、写真には
記憶を一瞬にして手繰り寄せてくれる不思議な力がありますね。

この写真を撮った時、こんなこと話してたなあ、なんて
その写真だけからは見えない、自分の中の気持ちが
浮かび上がってきたりして。

以前はそんなに写真を撮るのが好きじゃなかったのですが、
最近じわじわと好きになっています。

明日も、どこかで
きっと私はたくさんのシャッターボタンを押すだろうな。

ブログを通して
楽しいこと、思ったことを
みなさんとも共有していけたらいいなと思っています。

そんなわけで
今日の1枚は
偶然みつけた空き地にて。

SALE!
SALE!

の赤い文字の紙がひらり。

おっと、まさかの土地セール?

偶然のショットで面白かったので
まさに「みてみて~」の気持ちで撮った1枚でした。

コメント

まりさんに、いつかカメラで撮ってもらえるような
存在になりたい、まるみるです。
被写体が、「人」では、難しいですか???

そして、出来れば、おもしろいもの、かわったもの、
という分野ではなく。(笑)

まるみる 2011年10月30日

そうですね。

以前は、写真を撮るのは、カメラをあらかじめ準備して、気合いを入れて撮る事が多かったですが、今は、みんな携帯でパシャパシャ気軽に撮るようになりました。

メモのような使い方で、日常の記録をしている人も多いのでしょうね。

でも、大切な記録も膨大な量のデータの中に埋もれてしまいそうです。

fire 2011年10月29日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 キャンドルナイト
新着 藤島武二展@神戸市立小磯記念美術館
新着 お手紙投函と
新着 田丸麻紀さん❤️💕