読書のきっかけ

○○週間

○○特別キャンペーン期間

などがあると

普段あまり注目しないものでも
なんとなく、目に入って興味を持ったり、
頭のどこかに入り込んできて気になったりしませんか?

今はちょうど月末のハロウィンに向かって
いろいろなお店でオレンジ色の飾り付けがあったり
かぼちゃを意識した美味しいものが並んでいたりしますね。

私はハロウィンの時期じゃなくても
かぼちゃが大好きなので
この時期は特にかぼちゃスイーツ、かぼちゃ料理が増えて
嬉しい限りです。

カフェにいっても、かぼちゃチェックは欠かせません。

さて

もうひとつ

今日から始まった特別ウィーク。

「読書週間」

読書の秋、と言いつつも
なんとなく最近本から離れていたかも、なんて言う人も
意外と多いのではないでしょうか。

本を読むっていうのは
最初の一歩がなかなか踏み出せなかったりしますよね。
私も昔はそうだったんです。

忙しいし、仕事して疲れて帰ってから読むっていうのもなあ、とか、
電車の中で読めたらいいけれど活字を見ると乗り物酔いしちゃうし、とか、
なんだか他にもやらなければならないことが沢山ある気がして、本に手がのびないなあ、とか。

理由は様々だと思います。

でも意外と、
一度手にとって読み始めてしまえば
自分が興味のある内容ならば
ふむふむ~と読みこんじゃったりもするものなんです。

読書って言っても
堅苦しく考える必要はありません。
最近は文庫本サイズで漫画とエッセイのコラボレーションのような作品も増えていますし、
短編集もいろいろなジャンルが出ています。
あとは、お仕事に役立ちそうな自己啓発系の本や美容の本でも
雑誌ではなく、書籍タイプ、文庫やハードカバーになっているものも多いですね。

昔読書から遠のいていた時期があった私から
いま、ちょっと読書から離れている方で
でも読んでみたいんだけれどなかなか…という気持ちの方へのアドバイス。

最初の1冊目は
薄くて、読みやすい、軽いタッチのものにしましょう。

いつも読み始めるんだけれど
途中で挫折しちゃって、
他の本も読み始めずそれっきり、ということってありませんか?

大切なポイントの1つに

読み終えた!という達成感があると思うんです。

薄くても、1冊読み終えたんだ。面白かったなあ~

という気持ち。

これによって、
あれ?読めちゃったんじゃない?もう1冊いってみようかな?

という気分になりやすいように思います。

今日の私は
秋の風を感じながら
テラス席でホットハーブティーを前に
読書タイムです。

コメント

麻里さんの為の週間みたいなものですね。
本は読んでると時間が経つのが早く感じられるけど、そこがいいですよね。

今日の写真、ちょっと色っぽいですね。。。指でOK

kazu 2011年10月27日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 「神戸港コレクション〜よみがえった戦後風景」展@神戸ゆかりの美術館
新着 茶こし新調の巻 New tea strainer!
新着 キラリトギンザガールズパーティー2017🎉KiraritoGinza Girl's Party2017
新着 オスカービューティーキャンプ@キラリトギンザガールズパーティー2017