小さい頃を思い出したり

海ちゃんが
がさごそって動くと

私は
寝ていても
夜中でも

はっ

て目が覚めます。

さっきは
ちょうど電話が鳴って
応対して電話を切った時に

がさごそっ

そばを離れた時に限って…
と思って急いで行ったら

なにやら食べたそうな雰囲気。

粟穂を近くに持って行ってあげたら

パクパク食べてくれました。


小さい頃、
私はアレルギーとか喘息があって
よく学校を休んで家で寝ていました。

その時、母が
あたたかいお茶を
すいのみに入れて飲ませてくれたり

食べやすいように
柔らかく煮た野菜のスープを作ってくれたりしたのを
覚えています。

なんだかその時を思い出しました。


母もきっと
いろいろやることがあっただろうに

私が具合が悪くなって寝ているたびに
気が気じゃなかったんだろうなあって。

大人になったら健康になったし
そうやって育ててくれた母に感謝です。


海ちゃんも
小さい頃は病気で寝ててねえ
って言えるように
丈夫な大人に成長してほしいな。

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 どーこだー
新着
新着 📘『北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方』📖
新着 何宇倫さん個展@京都ギャラリーメイン