リブリーザー体験会その2

ということで
1本目のダイビングでリブリーザーってこんな感じというのをつかんでいただいてから
2本目です。
1本目は潜水時間は60分以内。
最大水深も18m程度なので、
潜水時間や深度だけみると通常のダイビングとほぼ変わりありません。
これは、何かあった場合に
オープンサーキット・ベイルアウト
を行い、安全に浮上するためです。

体験会で使用しているガスの種類であれば、
オープンサーキット・ベイルアウトをしたとしても、
通常のダイビングと同じような条件で浮上することが出来ます。

せっかくリブリーザーなんだから
もっと長く潜ったり、深く潜ったりという体験が出来るのかと思った~
と言われるかもしれませんが、
体験会ではそこまでは、安全を考えて、行っていないのが現状です。
どうしても、という場合には、通常のコースを受講して
しっかりと勉強を積んだ上で、
100分とか、60mとか、潜っていただくと言う感じになるのかなあと思われます。

通常のダイビングでも
体験ダイビングの場合は水深や、行くことが出来るエリアが限られています。
それと同じことですね。

今回体験した参加者さんたちは
2本目、カメラを持って入ったら、




もうあれもこれもと撮影三昧。




夢中になって写真を撮っていました。




あがってからも、
魚が逃げないよね~と
楽しそうに話していらっしゃって。
今日1日を楽しいリブリーザー体験で終わっていただけたのなら良かった~
と思いました。

私自身は今回はカメラを持たずに入っていましたが、
先生がちらちらと撮影してくださったり、
あとは記録用にということで、先生のカメラで参加者さんたちの様子を撮影したりして。







あとね、
「大瀬崎、どうだった?」
と聞かれても
今回は私は「ダイバー2人をいっぱいみてきた~」としか答えようがなく…

いつものようなお魚劇場も展開できないのですが
(期待していた方がいらしたら、すみません、またお魚劇場は次回のお楽しみということで)
いい経験になりました、とっても。

自分の面倒を自分で見られるようになる
ということよりも
更に注意する部分もいっぱいあるし、
それでまた自分も成長したりもするし、
先生が説明しているのを聞いて、勉強したりもして。
見て、経験して、考えて、
学ぶことがいっぱいです。

ということで
今月はまだ体験会が予定されています。
次回も2名様の予定だそうです。

お魚と今よりきっともっと仲良くなれるリブリーザー。
楽しんでもらえたらいいなあ。

コメント

よかったですね。

今回、体験された方は、きっととても充実した
時間を過ごすことが出来たのではないかと
思っています。

そして、今日のことは、ずっと心に残ると思い
ます。

まるみる 2011年08月31日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 どーこだー
新着
新着 📘『北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方』📖
何宇倫さん個展@京都ギャラリーメイン