第16回「体幹鍛えてインナービューティ part1」

第16回「体幹鍛えてインナービューティ part1」

秋から冬にかけて、体は寒さから身を守る為に脂肪を貯めようと働き出します。
寒くなりだす今から体幹をしっかり鍛えて、太りにくい体を手に入れましょう。


体幹とは?
一本の木をイメージしましょう。

木は大きな幹(みき)と、枝や葉っぱ、根っこの部分に分けることができます。
人間に当てはめてみると、手足や頭が枝葉や根っこの部分。胸、腹、お尻の部分が幹。
つまり体幹というのは、手足や頭をのぞいた体の胴体部分のこと。

体幹を鍛えると「筋力バランスが良くる・姿勢&スタイルが良くなる」効果が高まります!
太りにくい体、疲れにくい体にも必要不可欠なのはインナーマッスルなのです。


体幹でも表面の大きな筋肉(アウター)ではなく、体の背骨に近い深層筋(インナー)を
しっかり秋に向けて鍛えていきましょう!

さあ、スタートです!  
*お尻の骨が当たって痛い人は折りたたんだタオルを敷いて下さい。

①両足を伸ばして座ります。(この90度を意識した座り方だけでもインナーを使います)
 背中が丸くならないように、骨盤(脚の付け根)から背骨を天井方向へ伸ばします。
(背骨をまっすぐ伸ばした時に膝が曲がってしまう場合は、軽く曲げたままでOK)




②両手を少し後ろに置いて、体も斜め後ろに。背骨は真っ直ぐのままですよ!
 胸を前に出すように、手のひらで床をしっかり押すようにしましょう。
 息を吐き出した時に腹筋を意識してから両足を上げていきましょう。
 息を吸いながらゆっく〜り両脚を下げます。





●まずは、10秒間を連続で頑張って挑戦してみましょう。
 10秒出来たら、10秒休んで、また10秒!


「腹筋で脚を上げる」気持ちで、呼吸を止めないように!

③では②を10秒間出来た人は挑戦してみてください。
 両足を上げる時に、膝を自分の体に引き寄せるようにします。
 脚を上げた時に体が後ろへ逃げて行かないように、腹筋で脚を上げますよ〜!



●引き寄せる→伸ばす→引き寄せる→伸ばすを10回
 

今日出来なくてもいいのです続けて行く事が大切!
「無理をしない!痛い事はしない!楽しむ事!」

継続は力なり!

コメント

コメントありがとうございます。

「太ももの外側が張る」というのは、日常の姿勢や歩き&走りなどで体重が外側に強くかかっている可能性がありますね。外側と内側のバランス!

内ももにクッションなどをしっかり挟んでエクササイズしてみて下さい。
内転筋から下腹部、腹筋へと動きの意識が感じられると思います。

ゆっくり、ゆっくり、楽しんで下さいね。

 せきねまいこ 2011年08月27日

こんにちはひらめき

本当に、本当に効きますねexclamation

椅子を使ったエクササイズに似てて、でも違うんですね目


太ももの外側が張るのは、やっぱり体の硬さからくるんですかね。

ゆっくりゆっくりやっていきます指でOK

nan 2011年08月25日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

「来年の為の体幹作り」
「来年の為の体幹作り」
「秋こそ筋肉増加エクササイズ」
「秋こそ筋肉増加エクササイズ」