" />

深夜の登山夜

きっかけは
7月4日 3:35
『山の上から朝日を見てみよう富士山

これが全てのきっかけであるexclamation×2

チャンスをつかまえるポイントは思い立った時に行動する事だと僕は常々思っているexclamation×2

思い立った瞬間というのはメリット、デメリットという不純物が入っていないため思いがけないチャンスや出会いや発見に繋がるときがあるウッシッシ


『今日の深夜24:00から高尾山に登って朝日を拝んでやろうぜツアー2011』
のご案内を友人達に送ったのだがその時すでに3:50

『20時間後に山登りに行こうなんて突然メール来ても仕事で無理やわぁ』と言うご意見はたくさん頂いた(笑)

でも意外とそんな企画みんな好きらしくて『また思いついたらいつでも連絡してくれ』ってご意見もたくさん頂いた(笑)


奇跡的にタイミングが合致した仲間(英ちゃん)がいたのでワクワクしながら決戦の時を待っていたら
『すんませんexclamation×2突然朝から仕事決まりまして…』
とメールがきた(笑)うれしい顔


と言うわけで1人での挑戦となった指でOK

着々と準備をして天気予報を確認すると降水確率50%……
朝よりも確率上がっとる(笑)

でもこの気持ちは止められないし行くしかないわーい(嬉しい顔)

24:00
高尾山口の駅についた時には雷を伴う大雨(笑)雷
やってまった…(笑)

戻る電車もない…(笑)

この時にふと気づいたexclamation×2
『英ちゃんexclamation×2ナイス仕事指でOK


少し様子を見ていたら小雨になってきたウッシッシ

『よしexclamation×2行くぜ』


高尾山には山頂までのルートがいくつかあるんやけどあえて…あえて1番遠回りの稲荷山コースを選択パンチ


登り始めて2分で気づいたexclamation×2
この状況でこのコースの選択…
もはや狂気(笑)

しかし、狂気の沙汰ほどおもしろいわーい(嬉しい顔)


懐中電灯片手にぐんぐん山を登って行く手(チョキ)

行く手からは雨水がすごい降りてくる…
しかし傘がいらなくなったexclamation×2
木が生い茂っていて上からは雨がこなくなったexclamation×2

懐中電灯を消してみると闇、闇、闇…
一面の闇でなんにも見えない(笑)

自然すげぇわーい(嬉しい顔)

必死に登ってる時にハッと気づくと汗と自分の呼吸の音をすごく感じた…と言うか感覚がものすごく研ぎ澄まされている指でOK

思考回路が止まり山を登ることだけの世界が広がっていたexclamation×2

前に読んだ本で『幸福のポイントは意識内の対話をやめることが全ての鍵だ』と書いてあったのを思い出したexclamation×2
意識内の対話(考え)というのは否定的な方向へ倒れてしまいがちらしいわーい(嬉しい顔)

山登り…そう、一種の瞑想なのであるウッシッシ


次回
『目指すはテッペン↑』

TO BE CONTINUED→


ぴかぴか(新しい)all thanxぴかぴか(新しい)

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

ありがとうございました(^^)
本日第八話 セミファイナル
青島野球部秘密の宝物
いよいよOA