" />

気象レーダーぴかぴか(新しい)

雨の観測方法には、

雨量計による測定のほかに、

「気象レーダー」
というものがありますウィンク



「気象レーダー」とは、

レーダーにより、
半径数百kmの広範囲の
雨や雪を観測するものです鉛筆



その仕組みは、

レーダーアンテナから電波を発射し、

雨や雪に当たって戻ってくる
反射波(レーダーエコー)を、
再び受信する、

というもの手(パー)



その反射されて戻ってくるまでの時間から、
雨や雪までの距離を、

また、
レーダーエコーの強さから、
降水の強さを、

測定できる、
というわけです指でOK



そして、
レーダーアンテナは回転するので、
全方位360°の観測が可能ですリサイクル



半径数百km…
肉眼では、とうてい観測不可能exclamation×2



さまざまな技術が、
気象観測に役立っているんですねほっとした顔



ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



コメントありがとうございますわーい(嬉しい顔)

「地雨(じあめ)」と
「驟雨(しゅうう)」…
どちらも、
ふだんは、あまり耳にすることのない
気象用語ですよねグッド(上向き矢印)

災害は、本当に心配ですがまん顔

特に梅雨や台風の時期など…、
毎日、祈るような気持ちで、
天気図を見ていますクローバー

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

ありがとうございました!!\(^o^)/
春?冬?
雪崩
火の用心