目的意識と合致するもの

先日、ダイビングの先生のとこで勉強していましたら、
新しいお客さんがやってきました。

様々なリブリーザーの機種について
説明を受けられていましたよ。

リブリーザーは
メーカーさんによって
大きく異なる特徴をもった器材がそれぞれにあります。

私が使っているのは
『メガロドン』というもの。

先生がよく使っているのは『センチネル』というもの。

メーカーさんも違います。

先日の柏島での生徒さんたちが使っていたのは『オプティマ2』でした。

東京の会社で分解しているのを見せていただいたのは『ドルフィン』 

ここだけでもう4機種ですね。

他にも先生の会社には
いろんな種類のリブリーザーがあります。
歴史を感じるものもあって、
まるで博物館ですね。

さて

そんな中で

どのリブリーザーが一番いいの?

なんて質問が聞こえてくることがあります。

確かに、何もわからない状態では
どれを選んでいいのやら
さっぱり…ですよね。

いろんな選び方があると思うのですが、

最も大切なのは、
そのダイバーが、どんな潜り方をしたいか
ということだと思います。

水中洞窟に行きたいのか、

大深度潜水と言われる深い場所まで行きたいのか、

ボートダイビングが主流ですとか、
崖を上り下りするような場所から海に入りますとか

もちろん、普通のタンク1本で
安全に潜れる範囲での計画ならば
リブリーザーを使う必要がないかもしれませんよね。

どの器材が一番すぐれているかなんて
なんの条件設定もなしには言えないわけです。

「優れているか」ではなくて
「合っているか」が問題かなと感じる今日この頃。

一人ひとり、年齢も性別も体格も違います。
具体的には一回換気量という、一呼吸で体内の気体を出し入れできる量も、
肺活量などにより全く違った数値が出てくるわけです。

ちなみに私の場合は
まだ『メガロドン』しか実際には使ったことがないので
なんとも言えない部分もありますが、
私の目線からみた『メガロドン』の話をするならば、
私は、しっかり分圧を見ること、手動でも酸素と希釈ガスを操作して管理できること、というスタイルが性格的に合っているみたいで(心配性が役立っている?)、使いやすい器材かなあと思います。
いまは一番慣れてて身体に馴染んでいるからというだけかもしれませんけれどね。

器材は
楽しいダイビングのための手段であり道具です。

自分に合った道具を選んで快適な海へGO~!

あー、潜りたし。こないだ潜ったばかりだけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


※機種などについて※

過去のブログ記事で
カテゴリーのところにある
「ダイビングと海」という文字をぽちっとクリックしますと
ダイビングに関連した記事をまとめて読むことができます。

そこにアメリカのDEMAの展示会でみたものや、
私が使っているものなどについての記事があり
まとめてみることができますので
ご興味があればぜひ~

コメント

メグもいいですね♪
センチネルのヘッドアップディスプレイは本当にほしいです!
CCRダイバー同士で離れて撮影していると、生きてるのか死んでるのかわからず困ってます。 一応親指立ててれば生きてますってサインにしてますが、気休め程度です…

私はインスピですが、いろんなCCRを使い込んでみたいです☆

ccr-power 2011年06月27日

ダイビングやった事ないので、なるほどって思いながら読んでます。

コメントありがとうございました♪
おかげさまで最高の誕生日でした♪

あの子はああいう顔しやがるんですよ笑
可愛いでしょ♪

2011年06月18日

まりさん、自然は、魔物です。
よくよく注意し、慎重に行動のほどを。。。

まるみる 2011年06月18日

ダイビング、したことないなぁ
一度してみたい

KAI 2011年06月18日

この前、5月の連休を利用してくりちゃんの友だちがパラオまで潜りに行ったんだって

南栗橋博士 2011年06月18日

ハハハ(笑)やっぱりそろそろ潜りたいんじゃないかと思ってよ~ん(*≧m≦*)ププッ
予定はまだないの?
目的と道具~ゴルフなんか典型的かもね!
今日はまりさんは何してるのかな~♪
(o・・o)/~

アイドルヲタ 2011年06月18日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 藤島武二展@神戸市立小磯記念美術館
新着 お手紙投函と
新着 田丸麻紀さん❤️💕
新着 北野謙さん個展「光を集めるプロジェクト」展@埼玉県立近代美術館&MEM(恵比寿)