思い出した本

『それからはスープのことばかり考えて暮らした』(暮しの手帖社)
を読んで

本の最後に書かれている
作者のプロフィールをみて
思い出した本があります。

『つむじ風食堂の夜』



同じ、吉田篤弘さんの作品です。

この本、いつも本屋さんで目にとまっては
その日の買い物かごには入らず

今日は買おうかなあ
って思った時も何度かあるんですが
どういうわけか今まで買わず仕舞いだったんです。

いますごく、
『つむじ風食堂の夜』が読みたくなりました。

今日出かけた時に時間があったら
さっそく探してみよおっと。

コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 ローリエ
新着
新着 秋田&青森🚅
新着 『BUTTER』📖