Tokyo Motor Show 第41回東京モーターショー2009

先日「財部ビジネス研究所」のロケで“第41回東京モーターショー2009”に行ってきました。(昨日、11月4日が最終日でした)


2年に1回行われる盛大なイベント、前回の東京モーターショーは241社が出展しましたが、今回は過去最低の108社でした。

前回の半分以下です

あせあせ(飛び散る汗)不景気や円高で海外のメーカーが殆ど不参加。

いろいろなところで不景気の影響が、、、

さて、今回のテーマは“車を楽しむ、地球と楽しむ”車(セダン)


環境と楽しさの両立。

国内の自動車メーカー各社がエコカー先進国の技術をアピール。

う〜ん、今までのモーターショーとは様子が違います!

中には世界初公開の自動車も出展されました。

個性溢れるアイディアのエコカーがそれぞれのメーカーさんのステージに登場。

カーブで傾くEVや斬新なデザインのEV、また1リットルで30キロ走る超低燃費車などなど。

コンセプトもデザインもユニークな車がたくさん出展されていました。

今までモーターショーで出展されていたエコカーと言えば、、、

あまりにも非現実的で、“これ、本当に市販化されるの?!”というものが多かったように思います。

でも、今回は見た目もかっこよく、“運転してみたいなぁ〜”と思わせてくれる車がたくさんありました。

自動車だけではなく、こんなかわいいバイクも出展されていましたよ。電動バイクです。斬新なデザインですね。乗ってみたい〜


今回のモーターショーはきらびやかさや派手なパフォーマンスはなかったのですが、電気自動車やハイブリッド車の魅力や楽しさが十分に伝わりました。

今まで私がもっていたEVのイメージがガラリと変わりました。

今夜の「財部ビジネス研究所」(BS日テレ、22時〜)では経済ジャーナリストの財部誠一さん、自動車ジャーナリストの御掘直嗣さんと共に今回の“第41回東京モーターショー2009”を取材。





行った人も行けなかった人も是非ご覧下さい〜

最新ブログ

皆さまにご報告
一週間
「東北地方太平洋沖地震」
Nail Salon ネールケア