Val Nolasco Memorial Half Marathon 朝飯前?!

昨日の続きです。
今日はレース当日の模様をお伝えします。

スタート時間は5:30、外はまだ真っ暗。
スタートラインには約1000人のランナーが並んだ。
私のレースナンバーは“クリスマスイブ”1224番。
走る距離は13・1マイル。

以上・・・

私が知っているレースに関する情報はこれだけでした。
急にエントリーを決めたので下見はまったくしていなかったのです。(いつもの事ではありますが・・・)
また、受け取ったパケットにはレースの地図がなかったので、事前に調べることもできませんでした。(言い訳です、、、)

今回は“遊び”と“練習”のレースなので楽しく走れればそれだけで“満足!”ということで、スタートの合図までおとなしく待つことにしました。 とにかく、一人での参加だったので話す相手もいません。

さ~スタートまで周りを観察することに集中~
周りの人達はペチャクチャおしゃべりをしていたり、ウォークマンで音楽を聴いていたりと、全く緊張感がありません。
3分遅れでスタートの合図がしました。 さすがの“マイペース”アメリカ人もレースが始まれば真剣に、そして黙々と走っている・・・かと思いきや、雄叫びを上げる人もいました;

“We are Alive!” (“私達は生きているのだ!” )

確かに!走っていると“生きている”実感がします。
走りながらも、よくよく観察してみると、実際参加者はさまざまな方ばかりでした。音楽を聴きながら走る人、ベビーカーを押しながら走る人(そう!3台も見ました)、ペラペラ話続けている人、スタート早々さっそく歩いている人等々・・・
このマイペース振りはまさにアメリカ人的という感じがしました。

私もマイペースで走らないと。
そう、人について行かないで自分のペースを守る、5キロごとに少しずつペースを上げる・・・これが今回の私のマラソン“作戦”(課題?)でした。

でもいざ、レースが始まってしまうと、、、
そんなことすっかり忘れてしまい、いつもの通り“他人のペース”で走ってしまう自分がいました。

ということで、
最初の5キロは足に“愛・命“のタトゥーがある男性の後ろを走りました。私にしては結構いいペース、お?!なんか身体が軽い、ちょっと早いかも!そして5キロ地点で最初の“恋人”にさよならを告げ、次なる“恋人”を探し・・・後ろ姿は30代、髪型50代の女性の後をしばらく走っていたら、これまたペースが早過ぎて“恋人#2”にさよなら~こうなったら最初の“作戦”通り自分のペースで走るしかない!ということで孤独な一人旅がスタート・・・これ、約8キロ地点での状況。途中で脛が痛くなったり、膝が痛くなったり、仕舞いには足の裏まで痛くなったり・・・と“痛い痛い”で残りの13キロを走りました。そう、歩く事なく最後まで走ることができました。

途中、どんなに辛くてもやっぱり完走すると気持ちがいいものです。
膝は痛く、足の裏には大きな血豆までできてしまいましたが、とにかく私の“初ハーフマラソン”はとっても楽しい思い出になりました。

時間はまだ朝の7:30・・・
さあ、これから朝ご飯!



まさに“朝飯前”のハーフマラソンでした。あ、時間的にはね。



フィニッシュ!とっても楽しいレースでした。カピオラニ公園にあるQueen Kapiolani銅像と記念撮影。



終わるとfinisher's certificateがもらえます。ここにタイムと順位が書いてあります。

そうそう!肝心のタイムです~
総合タイム:1.49.08
マイルアベレージ:8.22/m
順位:243位、女子51位
エイジ順位(30~34歳):7位

結果はこちらで見ることができます。
http://www.mprrc.com/r05valnolasco.html

最新ブログ

皆さまにご報告
一週間
「東北地方太平洋沖地震」
Nail Salon ネールケア