ホノトラ⑧



プォーンッ!!






一斉に海へ走る。





無心だった。


焦らず無駄なく泳ぎたい。




混雑するのかと思いきや、


さほど恐怖心を煽るものでは無かった。






焦るな~

プール練習通りに泳げば大丈夫。


私は泳げる。





自己暗示だ。



抜かれても、離されても気にしない。





みっちぃは、もう居ない。




曲がらないよう前方確認だけは、こまめにした。





蛇行スイムしたら、

1.5kmが2kmになっちゃうもん。

そんな体力は、ない!





長く感じるわ。


濁った海…

進んでるのか心配になる。



何度も顔を上げるため、

意外と体力消耗が早い。






まだかなぁ~


プールではターンの度、

距離が分かる。






今はどの位だ?

何分経った?








バシャバシャバシャ。



ん?何?!





凄い勢いの人が通り過ぎてく。


男性。





あ。次のスタートで来た人かぁ。


まだ折り返しブイも見えてないのに…



早いな。

怖いな。



こんな人があと何人襲ってくるんだろう。

さっさと抜かして欲しい。






ぶつからない事だけ祈って


邪魔にならないよう











くっ付いて行った!













案の定、


一瞬で離された…



“この方達に付いて行けば真っ直ぐ泳げる”


そう思ったんだが―








残念(;∇;)/~~




やっと折り返しブイに到着。








『ブイ周辺は混雑するから大回りしなさい』


と言われていたが…















ガラガラ。 (笑)



思いっきり内回りでターン。







あと半分だ。







帰りの方が波を感じた。


風によるものなのか、身体が上下し少し泳ぎにくかった。






必死でかいた。



腕が疲れる前に帰りたかった。







一番辛い頃、



またまたバシャバシャバシャ… !!










きた。




第二陣。




今度は激しかった!

容赦なくぶつかってきた。




足を叩かれ…

身体を寄せられ…





酷いときは、


私の上を乗っかって行った…






避ける気ナシ。

お構いナシ。







怖かった。



張り合ったところで勝ち目は無い。




されるがまま


海中で嵐が通り過ぎるのを待った。








こんなに落ち着いて居られたのは、

コーチの言葉があったから。




『速い人は、あっという間に居なくなりますから。』







多少潜っていたって大丈夫。


落ち着いて対処してる自分がいた。







確かにそうだった。

最初の何人かだけ

ちょっとビックリしたけど、


それ以外のハプニングは無かった。








嵐の後の静けさ…



何だか私の周りがガランとした。





なんで?

怖い、コース外れた?!













はい。外れてました。






結局、右呼吸しか出来ないまま海デビューした私。



帰りは外にコース取りしてたため、


息継ぎ時に誰の姿も見えなくなっていた。






おまけに先ほどの嵐…


方向が解らなくなっていた。





内側に修正しながら人の近くを泳いだ。



ゴールが近づいた。






頑張れ~


自分に言い聞かせた。





ライフセーバーの人にも“もっと内側へ入れ”とアクションされてた。









やっと…やっと帰って来た!!





良かったぁ。

泳げたぁ。

疲れたぁ。






足が着く場所から立ち上がり


砂浜を走りトランジッション場所に移動。






安堵感が強く、走る気になれず


頑張った自分を誉めてた(笑)






ヨレヨレしながら…

裸足に刺さる小石の痛みを我慢しながら…











「弘美ちゃん!」









あー!知り合いだ!!


偶然ハワイ旅行してたらしく

応援行くと言われていたが


ココに居た(^w^)


嬉しぃ♪♪♪







その時のスイムあがり写真を撮ってくれてたけど、


酷すぎてあげられませんので悪しからず。


(ある人曰く、大泉洋さんだと。。。)







元気貰ってトランジッション。




“341”

バイクを取りに行った。






シュミレーション通り、


二本の木を通り過ぎ三本目の手前を右折。


左の木を二本数えて…










あったーッV(^-^)V


成功デス☆






足を洗い、拭き拭き。



五本指ソックスなんてバ カやろう! と


言われて変えた普通のソックスを履き、バイクシューズを。



日焼け止めを塗り

サングラス、ヘルメット着用。



忘れ物なし!






では行って来ま~す!!







バイクを押して出口を通った。




線がどこか解らず乗ろうとしたら、


“降りて!こっからよ!”


と怒られ、


あ…と慌ててペダルを外し走った。







今の無駄な時間だったわ~






なんて、さっきまであんなにのんびり自画自賛してた私が思う。








ここでも追いかけて撮ってくれた(笑)





バイクにも緊張感があった。




練習会では、いつも誰かが先導してくれ

ペースを作ってくれていた。





一人で乗った事がない。





30kmを基準と言ってもなかなか漕げない。






不安な走行をしていた。






その時、


『頑張れ、頑張れ~!!ついて来いッ!』







どっかで聞いた声。

大松氏だ。






びゅーんと抜き去る姿に引っ張られ、

ついて行った。




勿論、ペナルティー2分なんて絶対貰いたくないから

三台分きっちり空けてね。







32~36km…

速かった。



キツい。

こんなに頑張って後半もつのか不安になった。





40kmをぶっ続けで走った事もない。

いつも20km地点で休憩してたので。





折り返し地点までもついて行けず、


大松氏の大きな背中は小さく…








そして見えなくなった。

コメント

早朝から応援に行って、「こっちよ!」って導いてくれ、一番記念すべきゴールの写真撮ってくれた・・・彼女がいてくれたから、ブログがさらにステキなものになりましたねハート

素晴らしいトライアスロンデビューができて、本当に良かった手(チョキ)

Yちゃんにも感謝魚

kassychan 2011年06月01日

いよいよ!アイアン・ウーマンへの道が開かれた~!笑

怒涛の不安いっぱいのスイム・スタート!

コースジャッジに注意されても、コーチの言い付けを冷静に
忠実に実行して行った弘美選手!初レースとは想えへんで。

まさにレースは格闘技やな!踏まれてもどつかれても
男女関係無く同じ舞台での先陣争い!
めっちゃ迫力有る実況中継やないか~ぃ!お上手。笑

無事に最難関を突破した安堵感は、レース中やけど
めっちゃ解かる気がするねんもん。笑

バイクは走り出したら、止まらへんと想うてたから
孤立してもお転婆気質はパワーを発揮すると想った。笑

ナイスタイミングの頑張れコールが聞こえてはった冷静さが
最後までアクセルを踏ませてくれたんとちゃう。
もう体力は、十二分に付いてはったんやから。

頑張れ~!お転婆♪頑張れ~!弘美選手♪

勘★助 2011年06月01日

海は思ってた以上に過酷でしたね(?_?)


弘美さん☆


全てが初めてなことやから無理もないし、ぶつかったり泳いでる時とかなかなか交わしようがないですもんexclamation×2


まあ辛かったし、痛かったんやろうけど泳ぎきれて良かったです☆


コースも最初やし少し迷いはして仕方無いですよ~


トライアスロンって一種の格闘みたい


バイクは泳いだ疲労でどれだけ漕げるかやし、弘美さんは練習で20kmで休憩してってあったから、さぞかし足はパンパンであの時速を維持しんどかったでしょう(∋_∈)


次はバイクからランにかけてのレポートですね~

オヤスミマン

関ちゃん 2011年06月01日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

急いで~
記録☆
名古屋ウィメンズマラソン 後記
解禁!!